活動ブログ

『職場の祭典』開催しました!

2018/09/15

こんにちは!経営支援チームの武田です。

新潟県のワーク・ライフ・バランス推進事業の一環として、

上越、長岡、新潟の3会場で『職場の祭典』というイベントを開催いたしました。

ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました!

上越会場

上越会場では、基調講演の先生に『佐々木常夫』さんをお招きし、

ワーク・ライフ・バランス、働き方改革を推進する上での大切な事をお話頂きました。

特にその中でも、

「タイムマネジメントは時間管理ではなく、仕事管理」

「制度より風土、風土より上司」

「働き方=生き方」

とても興味深いお話を頂きました。

長岡会場

新潟会場

長岡、新潟会場では、関西圏でワーク・ライフ・バランス専門のコンサルタント活動を行っている

『瀧井 智美』さんをお招きし、

より実践的な取組事例等をお話頂きました。

「トップマネジメント、管理職のマインドチェンジが必要不可欠」

「修正主義で、まずはやってみる。やりながら修正していく」

「やらされ感は絶対NG!少人数からでも合意を得ながら進める」

より実践に根差したお話を頂きました。

上越会場

長岡会場

新潟会場

 そして職場の祭典では、先生からお話を頂く基調講演だけではなく、

その地域の企業様に、自社での取り組み事例を発表してもらう場もあり、

より具体的な内容を知ることが出来ます。まさに「祭典」さながらの模様でした。

各企業様からの発表の中で共通していたことがあります。

それは、「従業員満足度」を上げていこうとしている点でした。

ワーク・ライフ・バランス、働き方改革という単語だけ見ているととっつきにくかったり、うちはムリムリ、関係ない、

と思ってしまいがちですが、自社で働いている従業員にどうしたらもっと幸せに働いてもらえるかという事だと考えると、

どのような業種、職種、事業規模でも取り組めることですね。

お金をかけなくても、小さなことからでも、やれることはあります!

新潟で少しでも多くの会社様が取組を進め、働きやすい、生活しやすい地域になることを、私たちグローカルマーケティングも全力でご支援します!

この職場の祭典に続く、より実践的な場として

ワーク・ライフ・バランス リーダー養成講座」を10月より開催します。

是非ご検討ください♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事の詳細を見る

「えがおスクールプロジェクト」にて2014年に建設されたピンカンドン村小学校の様子を見てきました!

2018/09/03

8月18日~24日まで、新潟国際ボランティアセンター主催のベトナムスタディツアーに参加してきました。
ツアーの中では、当社にて展開しているボランティア事業「えがおスクールプロジェクト」にて2014年に建設されたピンカンドン村小学校の様子も見てきました。

■えがおスクールプロジェクトってなに?
えがおスクールプロジェクトは、子育て支援事業のトキっ子くらぶにて行う、新潟の子育て家庭が協力して、世界の貧しい地域の子ども達を応援しようという取り組みです。この取り組みでベトナム・ベンチェにおける小学校建設のお手伝いをさせていただきました。このベンチェという地域は、ベトナム戦争で枯葉剤の被害にあった地域の一つ。ココナッツ栽培が唯一の産業で、ベトナムでも特に貧しい地域です。
2014年のプロジェクト発足当時、小学校の教室が不足しており、増設の必要があるのに政府の支援が回らない、支援できない状況で民間の「力」が求められていました。そこで、トキっ子くらぶの会員である新潟の子育て家庭の皆様から寄付を募り、その寄付でピンカンドン村の小学校建設を行いました。ご支援・ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。

■ピンカンドン村小学校では、子どもたちのたくさんの笑顔に出会いました!
今回、ツアーに参加しピンカンドン村小学校を訪れたのは「建てて終わりにはしたくない。お手伝いをさせていただいたからには責任を持ってその後も交流を続けたい、見守り続けたい」という当社の想いがあります。
ホーチミン市からバスに2時間半揺られ、小学校に到着。教室の中では、多くの子どもたちが授業を受けていました。

トキっ子くらぶの名前が書かれたプレートは今でも飾られていました。


アクティビティーとして、子どもたちと〇×クイズをして楽しみました。


子どもたちにジュースやペン、ノート等のプレゼント

教室が増えたことにより、「遠くの小学校まで通わなければならなかったり、小学校に行くことを諦めなければならなかったりした子どもたちが、家の近くで楽しく学ぶことができるようになった」とお話しいただき、とても嬉しい気持ちになりました。

ベトナムの子ども達の笑顔からもらったパワーを、また新潟に還元できればと思います!

この記事の詳細を見る

PAGE TOP