マーケティングブログ

2018-01-24 競合には無い強みを作る方法とは?

皆様こんにちは。グローカルマーケティングの渡辺です。

突然ですが、「ジンギスカンキャラメル」というヒット商品をご存知でしょうか。
この商品、他のキャラメルとは全く異なる「強み」を持っています。
その「強み」とは・・・「不味いこと」です。

キャラメルなのに不味くて売れるって、どういうこと?と驚かれた方も多いかと思いますので、簡単にご説明しますと、ジンギスカンキャラメルは、2005年に北海道の代表的な料理の一つジンギスカンの知名度を活かしたお菓子として、制作されました。
ただ、この商品、先に述べたように食べた方のほとんどは「二度と食べたくない」「完食できない」といった感想を持つことが多く、肯定的なものでも「意外にいける」等、思ったよりは食べられるといった程度で、決して美味しいことを強みにしている商品ではありません。
では、なぜ発売から20年たってもまだ売れ続けているのかというと、その不味さを体験したい・体験させたいという事が「強み」になっているからです。

(試食した勇者たちの声 ネットより一部抜粋)

「タイミングよく吐き出せば死なない程度にトリップを体験できるので物好きな旅行者が買っていくが、大抵は一粒でダウンして友人達におすそわけするという」

「ジンギスカンキャラメルに殺されるとこだった(笑) 厨房にいるから食べ物大切にするし、滅多な事じゃ食べ物吐き出さないけど…吐き出したくらい忘れられないママの味。」

「トラウマを伴う味の破壊力は抜群です。」

ちなみにこちらの商品、不味い、不味いと言われ過ぎて、一度美味しく商品開発し直したことがあるのですが、逆にクレームになったという驚きの経験もしています。
Amazonのクチコミでも「以前に買ったときはもっと不味かったです。
不味い事に意義があるのに、中途半端に美味しくされては…」という★2つのコメントも。

公式ツイッターでは、「【どんなに不味いと言われてもめげない!!】をモットーに、ゆる~くゆる~くつぶやいていきます。」と、公言されている程。
作り手も買い手も、いかに「不味いか」を大切にしていることが分かります。
私たちはついつい、食べ物=美味しくなければと考えてしまい、どうすればキャラメルの中で一番おいしくできるだろうか?という思考に走ってしまいがちです。
ただ、競合が沢山いる中でその最高峰にたどり着くには、大変な労力と資源と時間が必要です。
皆が共通でもっている□□=△△という既成概念を真逆にし、それを活かせるような販売方法を考えてみてはいかがでしょうか。

なお、現在はこのジンギスカンキャラメル、北海道に行かずとも通販やバラエティーショップで購入することが可能です。

気になってしまった勇者様、ぜひその魅力を体感してみてはいかがでしょうか。

グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 渡辺珠希

<プロフィール>
マーケティング支援部 リサーチチームリーダー。
誕生~高校まで新潟県新潟市ですくすく育つ。
大学は北の大地、北海道へ。就職で仙台に赴任後、地元に貢献したい想いからUターン。
一言「冬が大好きです。雪かきは大変ですが、朝起きて一面の銀世界だとテンションが上がってしまいます!」

—————————————————————————
売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中
—————————————————————————
この記事の詳細を見る

2018-01-17 広辞苑改定がビジネスチャンスに!?

先日、1月12日に広辞苑第7版が発売されました。
今回の改定では「自撮り」、「ちゃらい」、「スマホ」といった世相を反映した言葉や若者言葉の収録が話題となっています。

また、働き方改革が叫ばれる影響もあり「ブラック企業」という言葉の収録は多くの注目を集めました。

そんな中、個人的に印象的だったのが、

 

「無茶振り級にがっつり大改訂。10年ぶりのサプライズ」というキャッチコピー。
今回の広辞苑第7版出版に際して掲げられたキャッチコピーです。
「無茶振り」「がっつり」「サプライズ」という言葉は今回の改定で広辞苑に収録された言葉です。
書店で見かけ、思わずうまいと感心してしまいました。
今回の広辞苑改定はインターネットが普及する現代で紙媒体の売上アップの起爆剤となれるのでしょうか。

広辞苑と言えば前回の改定は2008年のことでしたので、およそ10年ぶりの改定となります。
実は、10年前の改定の際にユニクロが広辞苑で使用されている挿絵を採用した広辞苑Tシャツの発売という記念企画を行っていました。
また、企画に合わせてプレスリリースを発信することで、メディアを活用した情報発信がされていました。
こうしたコラボや時事性のある企画というのは非常に話題性があり、有効なマーケティング戦略と言えます。

この事例、ユニクロにしかできなかったのでしょうか。
中小企業ではタイアップというのは難しいかもしれませんが、時事ネタを活用したり話題のものとコラボしたりすることで新たなビジネスチャンスが転がっているのかもしれません。
常に世間に目を向けて話題を掴んでおくこと、アンテナを張ることが重要ではないでしょうか。

今月のマーケ大基礎講座では『売れる仕組みづくりしてますか?』というテーマで、マーケティングの基本を学ぶセミナーを開催します。
今回のコラムの中で紹介しました、【キャッチコピー】【コラボ】【プレスリリース】というのはマーケティング戦略の一つでしかありません。
自社の商品・サービスをより多くのお客様にご利用していただき、買っていただくためには、どのような仕組みをつくれば良いか。
一つ一つの施策を点ではなく、線で結ぶことで売上アップに繋げるための仕組みづくりをお伝えしますので、是非ご参加ください。
<マーケ大基礎講座>
新潟・長岡会場:http://www.niigata-marketing.com/regular/_1217.html
福島会場:http://www.niigata-marketing.com/regular/_1218.html

グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 遠藤大志

<プロフィール>
新潟県長岡市出身。
企業の営業力強化支援や営業力強化セミナーへの登壇、
WEBサイトの運用・制作支援に従事。

—————————————————————————
売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中
—————————————————————————
この記事の詳細を見る

2018-01-10 ネット中心の今こそ!新聞活用のススメ

皆さんは、新聞を読みますか?
昔は読んでいたが今は読まない。そんな方も多いのではないでしょうか。

実際、新聞の行為者率(1日に15分以上時間を費やす割合)は平日・日曜が33%、土曜が35%とここ数年で減少の一途をたどり、
特に男女20代以下は、1割に満たない状況です。(2015年「国民生活時間調査報告書」より)

確かに、ネットから気軽に情報が入手できる今、購読料を払ってまで読む必要があるのか、というご意見はもっともですが、
過去に新聞に関わる仕事をしていた身としては、なんとも寂しい気持ちがするものです。

個人的には、必ずしも新聞は情報入手の手段だけではなく、社会を見る目や、情報を見極める力を養うことができるツールの1つだと思っています。
以下から少しでも、新聞を読む面白さを感じていただければ幸いです。

【1】 原因と背景に着目する

新聞の見出し・小見出しには、目を引く数値が先に伝えられることが多いです。
売上○%増、○店舗アップ、などです。
ただ、その見出しだけ見て「ふ~ん」と見て終わってはもったいない!
その数字をそのまま覚えることは難しく、頭に残ることは少ないです。
それよりも、「その数字に至った要因」「背景」に着目したほうが、問題の本質を見極めることができ、自分事に考えることができると思います。
例えば1/9(火)付の日本経済新聞3面には、[公立病院、6割が赤字]の見出しがあります。
その後、その数値に至る経緯が書かれ、さらに読み進めると、その原因が「人材不足や、機材・材料費の高騰」と分かります。
この要因、他のニュースでも度々出てくるキーワードですね。
新聞をしっかり読む時間がない場合も、「見出し」と「その問題の背景・要因」、また記載があれば、「今後の対策」を見ることをおすすめします。
ちなみに、問題の要因や背景は、文章の後半に出てくることが多いため、ご注意を。

【2】 広告のターゲットを考えてみる

元旦の新聞、広告の多さに驚いた方も多いのでは。
それもそのはず、元旦は在宅者が多いこともあり、1年で最も新聞広告が多い日なのです。
広告に辟易することもあるかもしれませんが、「どんな読者を狙って」「どんな商品を」「いつ・どのように売りたいか」の戦略に思いをめぐらすと、また違った見方ができるかもしれません。
同じ会社でも、日を変えて異なる商品を掲載している企業、商品は一切出さず、企業認知やイメージ向上のためだけに広告を出している企業など、各社の戦略は多種多様です。
また、普段接触の少ない分野の企業を知ることにもなるので、視野が広がります。

【3】 複数紙と比較する

会社に届く新聞が複数紙ある等の場合は、ぜひ比較してみることをおすすめします。
特に1面は各社の特徴が出やすいもので、同日でも全く異なる内容となる場合があります。
A社の新聞では、独自調査の結果が1面に抜擢され、それが翌日以降、他社紙面に追随されるという経過を見るのも面白いです。
同じ政治ニュースでも、その新聞社が保守派か革新派かの立場で、抜擢される専門家の系統が異なることもあれば、あるスポーツ選手の軌跡を、ドラマチック仕立てで行う紙面もあれば、事実列挙で行う紙面もある。
新聞の特徴をつかむことで、「自社が掲載される」立場になった際に、どの紙面に載るかをイメージすることもできます。

最後に、ネットニュース等、他のメディア媒体と比較した新聞の強みは、「情報量の多さ」と「情報の信憑性」だと思います。
(昨今では後者を脅かすようなニュースも多く目にしますが、それでも未だ、優位性は高いでしょう)

そういった意味では、自社が新聞掲載されることの影響は、売上アップのみならず、信頼度が向上するといったメリットも生じます。
新聞社に取材をしてほしいというPRは、「プレスリリース」が有効です。
詳しいお話を聞きたい方は、ぜひご相談ください。

グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 平山陽子

<プロフィール>
マーケティングプランナー、リサーチャー。群馬県出身。
食品宅配通販会社、ネットリサーチ会社を経て2017年入社。
はまってるもの=愛猫「たぬき」(名前)。
皆さまに役立つ情報・支援をご提供します!

—————————————————————————
売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中
—————————————————————————
この記事の詳細を見る

PAGE TOP