マーケティングブログ

2018-04-24 回転率よりも大切なこと

ビジネスにおいて、成果を高めるために生産性を上げる重要性は語るまでもありません。
お店であれば回転率を、企業であれば業務効率を高めることに注力するのは当然のことだと思います。

しかし、そんな中で、回転率を下げるにも関わらず素晴らしい取り組みを実践されているお店に出会いました。

休日に家族で遊びに出かけた時のことです。
せっかくなのでランチは外食にしようとしたのですが、私たち家族には5ヶ月の赤ちゃんがいるので、子連れでも入れるお店を選ばなければなりませんでした。
座敷席があるお店が良いと思っていましたが、市外へ外出していたのでどこが良いかわからず、近くにあるラーメン店に入りました。

「赤ちゃんと遊んでいるから、先に食べていいよ。食べ終わったら赤ちゃん見てて。」と妻に言われながらお店に入ると、入り口にこのような張り紙がありました。

『お子様連れのお客様は時間差でお作りすることもできますので、お気軽にお声掛けください。』

この張り紙を見た妻が感動。
私たちの気持ちをわかってくれる素晴らしいお店!また来たい!と、注文する前からリピートが決定しました。
私たちは時間差で作って頂くようお願いして、妻と私が順番にアツアツの美味しいラーメンを頂くことが出来ました。

私たちが来店したのは休日のお昼12時過ぎ。
とても混雑する時間ですから、お店としても回転率を上げて売上を伸ばしたいと考えるはずです。
しかし、そのお店は、お客様にゆっくりと美味しい料理を楽しんでもらいたい、美味しい料理をアツアツのうちに食べてもらいたい、という想いから時間差提供をして下さったのだと思います。

私たちの滞在時間が伸びるので、回転率が悪く売上に影響したかもしれません。
でも、私たち家族はきっとそのお店にまた何度も行くと思います。
短期的に回転率を高めること、業務効率を高めることよりも大切なことがあるのだと感じることが出来ました。
単純な効率性だけでなく、どうしたらお客様にもっと喜んで頂けるか、という切り口がファンづくりと長い目で見た売上アップに間違いなく繋がると思います。

是非、皆さまも業務効率と併せて、どうしたらお客様にもっと喜んで頂けるか、という切り口で考えてみて頂ければと思います。
日々の業務を振り返って頂くきっかけになれば何よりです。

また、お客様満足や売上アップに向けてお客様のことをもっと深く理解したいと考えていらっしゃる方は、当社が5月に開催する心理学・行動経済学セミナーに是非お越しください。
理論だけではなく、即実践可能な手法まで楽しく、わかりやすく解説致します。

<実践!売上を上げるための心理学・行動経済学セミナー>
http://www.niigata-marketing.com/05/_1226.html

グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 部長 遠藤頑太

<プロフィール>
新潟県長岡市出身。東京のコンサルティング会社で修業した後に新潟へUターン。
現在は営業・WEB・リサーチなど幅広い分野のご支援をするマーケティング支援部の部長として地域の企業・お店の売上アップ、人財育成を支援している。
特に、営業活動の仕組み化・WEBサイト集客・人事制度策定や思考力養成などの人財開発のコンサルティングを専門とする。

—————————————————————————
売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中
—————————————————————————
この記事の詳細を見る

2018-04-17 ご興味ありますか?外国語対応サイト

突然ですが、自社のWEBサイトの外国語対応について検討されたことはおありでしょうか?
インバウンド対策や越境ECなど、自社でお持ちのWEBサイトを外国語対応させたい、とお考えの方は少なくないと思います。
当社でもWEBサイトの外国語対応についてのご相談が増えてきました。

今日は、たまに海外のお客様がお店に来ているような飲食店や小売店の方向けの、簡単な外国語対応方法を2つ、ご紹介させていただきます。

まず一つ目は、ウェブサイト翻訳ツールについてご紹介します。
最近ではGoogle翻訳のウェブサイト翻訳ツールなどを比較的簡単にサイトに追加することも出来るようになってきました。
自動翻訳で、サイト内のテキストが一瞬で外国語に変換される夢のようなサービスですが、もちろんデメリットもあります。

自動翻訳のツールを入れても、サイト自体は日本語で作られているので、Googleなどで検索をした際、外国語のサイトとして認識をされません。
また、皆さんも何となくイメージできると思いますが、自動翻訳ですので、どうしても不自然な文章になってしまう可能性が高いです。

ただ、現状は、海外の方がすでに一定数訪問するWEBサイトであれば、簡易的ではありますが、自動翻訳を導入することで、少しでも利便性が上がります。
そういった機能を入れていれば、海外の方も歓迎できるお店なのだというPRになるかもしれません。

また、もう一つは、サイト内の最低限のページのみ、翻訳した外国語ページを作るという方法です。
飲食店であれば、TOPページとメニュー、そして店舗へのアクセスページのみ外国語で作ります。
その際、重要なのは、外国語のページはきちんと独立して作成することです。
たまに、ページ内で英語と日本語を両方併記されているサイトがありますが、それだとGoogleでは、多言語が混在していてユーザビリティの低いサイトという評価になってしまうのです。
せっかく翻訳する手間をかけているのであれば、しっかりと日本語のページと分けて表示させることが重要です。

海外から来られるお客様に対応しているWEBサイトはまだまだ少ないので、ぜひ一度情報発信をご検討してみてはいかがでしょうか。

グローカルマーケティング株式会社
クリエイティブセンター 高橋 和夏

<プロフィール>
デザイナー兼ディレクター。京都府出身。
夫と息子と犬と暮らしています。
週末は家族と美味しいものを食べることが生きがいです。

—————————————————————————
売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中
—————————————————————————
この記事の詳細を見る

2018-04-09 自分が成長したら、会社も成長してた

こんにちは。
リサーチチームの渡辺です。

やっと新潟にも春が訪れた!と思ったら、ビュ~ビュ~と冷風が吹きすさんだり、急に庭が真っ白になったりと、暴れん坊天気ですが皆さま体調はいかがでしょうか。

2018年度が始まったこともあり、仕事でもプライベートでも何か新しいことに取り組もう!という方も多いことと思います。
そんな皆様にぜひ、ご紹介したい本があります。

それは『毎日読みたい 365日の広告コピー』(ライツ社)です。

1日1つずつ、365日それぞれにピッタリの広告コピーが紹介されています。

実はこの本、少し前にレビューを見て購入していたのですが、熟成させたいなぁと思って本棚にしまっておいた本です。新年度が始まり、ふと目に入ったので開いてみたところ、予想通り素敵な本だったので、ぜひ皆さまにご紹介しなければ!と思いたち、筆を執りました。

ちなみに、本コラムタイトルの「自分が成長したら、会社も成長してた」(笠井剛)は、この原稿の締め切り日のコピーでした。
1月1日は「ふだんを変える。それがいちばん人生を変える。」(岡本欣也、荒木俊哉)。
個人的に一番気に入っているのは、3月31日の「生まれ変わるなら、生きているうちに」(安恒つかさ)です。

POPやチラシタイトルを勉強するもよし、ビブリオマンシーのように毎日パッと開いて見たコピーを読むもよし。きっと皆様のお気に入りのコピーが見つかることと思います。春のやる気を1年継続させるためにも、座右に一冊いかがでしょうか。

グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 リサーチチームリーダー 渡辺珠希

<プロフィール>
マーケティング支援部 リサーチチームリーダー
誕生~高校まで新潟県新潟市ですくすく育つ。大学は北の大地、北海道へ。就職で仙台に赴任後、地元に貢献したい想いからUターン。
「やっと春になりましたね!冬も大好きですが、春も大好きです。桜やチューリップを見に、県内外に出かけたいなと思っています!」

—————————————————————————
売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中
—————————————————————————
この記事の詳細を見る

PAGE TOP