マーケティングブログ

キッザニアを超えるチャンス

2017.9.27

最近、記憶に残る体験をしましたか?

・・・と皆さんに質問をして、私は「おじさん」に変装した体験を思い出しました。
中身もおじさんですけれども。

端的に説明すると、子ども達にマーケティングを身近に感じてもらうために
「ケーキ屋をオープンしたいおじさん」を演じました。
「街のどこに店を出したらいいか?」「どんなケーキを作ったらいいか?」に
悩んでいるおじさんを、子ども達がアイデアを出して助けてあげようという企画。
パーティー用の鼻メガネを気にも留めず、
子ども達が熱心に参加してくれて大好評でした。

さて、皆さんが「体験」で思い出すのは何でしょうか。

私はキッザニアを思い出しました。憧れの仕事にチャレンジできて、
我が家の子ども達がすっかり虜になっているからです。

皆さんの商品・サービスでも、我が家のキッザニアのように思い出してもらえる
チャンスがあるとしたら気になりますか?

アメリカ国立訓練研究所が提唱する「ラーニングピラミッド」によると、

講義5% < 読む10% < 視聴覚20% < デモンストレーション30% <
グループディスカッション50% < 体験・練習75% < 教える90%

と、主体的・能動的になるほど学習定着率が高くなるという研究結果が出ています。

購買行動にそのまま適応できませんが、
記憶に残るという点では示唆に富んでいると思います。

「教える」を形にできれば、ラーニングピラミッドの理論上では
キッザニアを超えることになります。
キッザニアを超えるチャンスがあるんです。

皆さんの仕事でも、お客様が「グループディスカッションに参加する」、
「体験する」、「教える」機会を創ってみてはいかがでしょうか。

 

グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 福間俊宏

 

 

—————————————————————————

売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中

—————————————————————————

PAGE TOP