マーケティングブログ

スポーツビジネスから学ぶ“お客様のことを徹底的に考える”ということ

2018.3.28

当社、グローカルマーケティング株式会社は今年から新潟県長岡市を本拠地とするBリーグ・新潟アルビレックスBBのオフィシャルスポンサーとなりました。
そして、先週末の3月24-25日には『B.LEAGUE 2017-18シーズン B1リーグ 第24節 グローカルマーケティング presents トキっ子子育て応援デー 「新潟アルビレックスBBvsサンロッカーズ渋谷」』が開催されました。

トキっ子子育て応援デーということもあり、多くの家族連れの皆様からも会場へ足をお運びいただき、熱い声援を送ることができました。
今後もスポーツを通じて新潟や長岡を盛り上げ、地域を創造して参りたいと思います。

さて、スポーツと言えば、先日「日本スポーツビジネス大賞」が発表されました。
今年から発足した「日本スポーツビジネス大賞」。
初代グランプリはプロ野球の横浜DeNAベイスターズが受賞しました。
ベイスターズが受賞に至るまでにはどのような経緯があったのでしょうか。

そもそも日本スポーツビジネス大賞とは、日本スポーツ界の更なる発展を目的に、スポーツビジネスにおける素晴らしい取り組みを表彰するという制度です。
横浜DeNAベイスターズはDeNAが親会社となった2011年以降、試合以外も楽しめるようなさまざまな施策を通じて、ファンクラブの会員数は13倍以上、観客動員数は170%以上に成長し、2017年シーズンの入場者数は過去最多を達成したことが評価され受賞に至りました。

そのような結果に至るまでに横浜DeNAベイスターズが最も重視してきたのが、スタジアムへ来場するファンのことを徹底的に考えるということでした。

例えば、散歩中にも身近に選手が練習しているところを観ることができるようなスタジアムの仕様にしたり、イベントや飲食メニューを充実させることで試合の勝敗に関わらず「また来たい」と思えるような仕掛けを作ったりするなどファンに寄り添った施策を次々と打っていきました。

そしてそれらの施策はやって終わりではなく、きちんとPDCAのサイクルを回し、ファンにとって有意義な施策であるかどうか徹底的に効果検証することで、愛される球団づくりを行っているのです。

このお客様目線を持って、施策を企画・実行し、効果検証するという考え方は、スポーツビジネスに限らずどんなビジネスにおいても例外なく重要な視点ではないでしょうか。
また、我々が提唱するマーケティング(=売れる仕組みづくり)も同じようにこの考え方に基づいているということができます。

マーケティングとは【誰に】【何を】【どのように】届けるかを整理し、実行することです。
来週からは4月。新たな年度を迎える企業様も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
改めて、自社の【誰に】【何を】【どのように】を整えてみませんか。
貴社独自の戦略を整えることで飛躍的に成果をあげるお手伝いをさせていただきます。お気軽にご相談ください。

グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 営業支援チーム 遠藤大志

<プロフィール>
新潟県長岡市 出身
小学生から大学生まで14年間ずっと野球をやっておりました。今でも草野球程度ですが体を動かすことが好きなのでやっています。
野球のみでなく、他のスポーツを観るのもプレイするのも大好きです。中学生時代からアメリカンフットボールをずっと観ており、いつかは本場アメリカで観戦してみたいです。
一方、読書や映画鑑賞も好きで、大学の卒業論文ではシェイクスピアの『ハムレット』をテーマに執筆しました。
いろんな方といろんなお話しするのが本当に楽しみです!どうぞよろしくお願い致します。

—————————————————————————
売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中
—————————————————————————

PAGE TOP