マーケティングブログ

ソーシャルメディア×EC(electronic commerce 電子商取引)の可能性

2017.9.12

先月末、トキっ子くらぶの「えがおスクールプロジェクト」でベトナムに行ってきました。
「えがおスクールプロジェクト」は、新潟の子育て家庭が協力して、世界の貧しい地域の子ども達を応援しようという取り組みで、2014年には新潟国際ボランティアセンター様とトキっ子くらぶが寄付を募り、ベトナムのビンカンドン村の小学生に新しい教室をプレゼントしました。
今回はそのビンカンドン村の小学校の視察、また国際ボランティアの現状を学ぶため、新潟国際ボランティアセンター様のスタディツアーに参加し、様々な子供たちのための施設を見学しました。
その合間時間にホーチミンの街を少し観光したのですが、その際、立ち寄ったカフェのfacebookページが気になったので紹介いたします。

▼Slow&Chill Coffee facebook
https://www.facebook.com/slowandchill/

こちらのfacebookページでは記事の中で紹介されていた商品が記事にタグ付けされていたり、商品をユーザーにシェアしたりしています。これはfacebookのショップ機能というもので、Facebookページ上に商品情報を掲載し、オンラインショップのように使えるサービスです。

アメリカでは実際にfacebook上で商品の売買決済まで可能なのですが、日本では機能に制限があり、facebook上では商品の購入はできません。そのかわり商品ページからオンラインショップのカートにリンクさせることができます。
こちらのカフェではオンラインショップとの連携は行っていなかったのですが、実際にショップ機能をECとして使用しているページもあるので、ご紹介いたします。
▼株式会社スノーピークfacebook
https://www.facebook.com/pg/SnowPeakJapan/shop

アウトドア用品のメーカとして有名なスノーピークではfacebook上の気になった商品をオンラインショップで購入することができます。

またFacebookページのショップ機能と連携したネットショップの構築機能も作られています。

▼EC-CUBE
株式会社ロックオン、Facebookページ上での商品紹介や、リターゲティング広告配信など、 売上アップに貢献する「Facebook連携プラグイン」をEC-CUBEオーナーズストアで配信開始
http://www.lockon.co.jp/release/6170/

こちらではオンラインショップとfacebookページのショップが自動で連動することで、運用の手間を抑えることができます。

日本ではまだまだ導入している企業は少ないのですが、EC(electronic commerce 電子商取引)とソーシャルディアとの連携は今後市場もどんどん伸びるといわれており、大注目の分野です。
SNS上の気になった商品をボタン一つですぐ買える時代。SNSを活用してお客様に触れる機会を増やし、購入への導線を簡単にすることで、オンラインショップの売り上げアップにつなげられるのです。

ソーシャルメディアの運用やオンラインショップ構築に関してぜひ相談したいこと等あれば、お気軽にご連絡ください。
https://glocal-marketing.jp/marketing/web/

グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 クリエイティブセンター 大崎美和子

—————————————————————————

売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中

—————————————————————————

PAGE TOP