マーケティングブログ

トキっ子くらぶのイベントで思ったデザインの大切さ

2017.11.29

先日、県内の麒麟山酒造さんの日本酒が、世界的なパッケージデザインコンペティション「Pentawards 2017」において、飲料部門・最高位のプラチナ賞を受賞したというニュースを見かけました。

参考:麒麟山酒造「紅葉 金」が世界的パッケージデザイン賞「Pentawards 2017」で飲料部門・最高位のプラチナ賞を受賞(産経ニュース)
http://www.sankei.com/economy/news/171109/prl1711090008-n1.html

県内企業が非常にデザインの権威ある賞を受賞されたと聞いて、それだけで少し誇らしい気持ちになりますね。
私も普段ホームページやチラシ等の紙媒体などデザインにかかわるお仕事をしているので、自分ももっと頑張ろうという気持ちにさせてもらいました。

ニュースを読むと今回の受賞のポイントは、この商品の持つ奥深い味わいとその背景を直感的かつシンプルに表現し、ふだん日本酒を飲まない人への新しい入口づくりをめざしたことが「ペントアワード」の国際審査員にも高く評価されたということです。

話が変わりますが、最近先輩ディレクターの方にこんなことを聞かれました。

「デザインとアートの違いは何かわかる?」と。

みなさんはデザインとアートの違いは何だと思いますか?

ちなみに考えてみましたが、私の答えは
デザインは目的を達成するために作るもの、
アートは自由に表現できるものです。

ホームページを作るにしても、チラシを作るにしても、「これを伝えたい」「ここを見てほしい」などの目的に合わせて、構成・原稿を作り、それをデザイナーの方がデザインに落とし込んでいます。

最近デザインの大切さを実感した出来事がありました。
11月5日(土)、6日(日)に長岡市のハイブ長岡で行ったトキっ子くらぶの「子育て応援フェア」という子育て家庭向けのイベントでのことです。
応援フェアでは毎年入り口付近でご来場者様に「県内企業様のPRチラシ、クーポン」の入った手提げ袋をお渡ししております。
せっかく企業様から協賛いただいたクーポンやチラシですが、イベント後片づけをしている際にこの手提げ袋が会場内に落ちていたり、ブースに忘れられてしまうことがあったそうです。
昨年まではこの手提げ袋はシンプルな白い手提げ袋に入れていたそうなのですが、今回の応援フェアでは

・トキっ子くらぶのイメージキャラクター「トキママ」を大きくプリントし、ポップなデザインに!
・クーポンがはっきりわかるように、中身が透ける透明な袋に変更。
・その後、活用いただけるように「お名前記入欄」を設置。

持って帰っていただけるようにこの3つの要素を加えてデザインを作成いたしました!
完成したデザインは上記に掲載しております。

ちなみにこちらの「お名前記入欄」は
「可愛い袋って子どもが学校や園に持っていくときに使ったりするから名前を書くところがあるといいよね~!」
というママさんスタッフのアイディアから生まれたそうです。

こちらのデザインに変えたところ、今回のイベントでは忘れ物・落とし物の届けがなんと1件もなかったそうです。
それは10回目の開催にして初めてのことだったそうで、トキっ子くらぶスタッフの皆さん、非常に喜ばれておりました。

もちろん今回落とし物のなかった要素はもしかしたら他にもあるのかもしれません。
それでもこの持って帰っていただくお客様の気持を考えて作られたデザインはその成果に大きく貢献したのではないでしょうか。

お客様の心をつかむためデザインと同じくらい重要なキャッチコピーの作り方に関して、
12月に開催する当社のカンファレンスで講座を設けております。
まだお席がございますので、ご興味のある方はぜひお越しくださいませ。
http://niigata-nmc.com/

グローカルマーケティング株式会社
クリエイティブセンター 大崎美和子

<プロフィール>
新潟県長岡市 出身。
県内のお店・企業様のホームページ制作のディレクションやWEBマーケティング施策のご提案・実施。

—————————————————————————
売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中
—————————————————————————

PAGE TOP