マーケティングブログ

ラーメンだ!福子!~朝ドラ『まんぷく』から学ぶニーズを掘り起こすコツ~

2019.1.30

トゥラッタッタ~♪
皆様、NHK連続テレビ小説『まんぷく』はご覧になっていますでしょうか。
『半分青い』派だった私もいつの間にやら、『まんぷく』を見て出社するのが日課になっておりますが、ついについに萬平さんがラーメン作りに着手しましたね!
今回は、朝ドラ『まんぷく』から人々のニーズを掘り起こすコツを考えてみたいと思います。

NHK連続テレビ小説『まんぷく』とは…

今や私たちの生活に欠かせないものとなった「インスタントラーメン」を生み出した夫婦(福子・萬平)の知られざる物語を描きます。
何度も失敗してはどん底から立ち上がる”敗者復活戦”を繰り返した末、二人は世紀の大発明へとたどりつく――人生大逆転の成功物語です。(—NHK公式HPより)

先週はついに「インスタントラーメンを作ろう」と決意する部分のお話でした。

萬平さんは発明家なので、世の為・人の為になる新しいモノづくりをしようとしますが、なかなかその“新しいモノ”が何なのかが見えてきません。
そんな時、妻である福子に問いかけます。

萬平「日々の仕事で一番大変なのはなんだ?」
福子「やっぱり、毎日のご飯を考えることです。夕飯を食べながら、明日の朝の献立を考えています。」
萬平「(おいしくて、手軽に作れて、毎日食べても飽きないもの…)」
萬平「…!!! ラーメンだ!福子!」

…となり、萬平さんは自宅で作れるラーメンの開発を始める、というお話です。

ここから読み取れるのは、萬平さんの「日々の仕事で一番大変なのはなんだ?」という『質問』によって、福子(主婦)の「毎日献立を考えるのも、料理を作るのも大変」→「考えず、楽に作れたら良いのに」というニーズが掘り起こされたということです。
福子が無意識に蓋をしていた部分に質問を投げかけることで「自分はこんなことを考えていたんだ」という発見を捕まえた瞬間です。

このお話はフィクションですが、ビジネスの現場では日々同様の手法で人々のニーズが掘り起こされています。
とはいっても、自分一人ではその質問力や観察力を磨くコツがわかりませんよね?

そんな皆様に朗報です!本音を引き出すプロのモデレーター 早尾恭子さんが新潟に来県することが決定しました!!

早尾さんは、あの「1滴だけを出すことができる醤油のパッケージづくり」や「超有名アイスクリームの新フレーバー開発」も担当された凄腕モデレーターです。
早尾さんの著書『モデレーター 聞き出す技術』は某大手リサーチ会社でも必読書といわれています。

“人の本音を聞き出すプロ”ですので、相手に気持ちよく本音を話してもらうコツや、キャッチしたニーズを販促に繋げる手法についてもお話しいただけます。
「相手からありきたりの話しか聞けない」とお悩みの営業パーソンにもぜひおすすめの講座です。

人との会話が180度変わること間違いなし!の講座。ぜひ一緒にホンネを引き出すコツを学びましょう!
皆様のお申し込み、お待ちしております!!

『マーケ大カンファレンス2019年』
→詳しくはこちらから(http://niigata-nmc.com/

お読みいただきありがとうございます。
ご意見・ご質問などは是非お気軽にご連絡ください。

グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 渡辺珠希

<プロフィール>
マーケティング支援部 リサーチチームリーダー
誕生~高校まで新潟県新潟市ですくすく育つ。大学は北の大地、北海道へ。就職で仙台に赴任後、地元に貢献したい想いからUターン。

—————————————————————————
売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中
—————————————————————————

PAGE TOP