マーケティングブログ

写真を上手くするコツ「主題を考える」

2018.7.18

デジタルカメラやスマートフォンが普及したことで、日ごろの思い出はもちろん、
仕事でも商品や会社の取り組みなど、何でも自分で簡単に撮影することができるようになりました。
誰もがカメラを持つ時代。
しかもカメラは非常に高性能で、数十年前のカメラマン達がこの状況を見たら青ざめてしまうのではないだろうかと思います。

こんな時代に、依然としてプロカメラマンと呼ばれる人がいるのはなぜでしょう。
機材の問題?知識の問題?
確かにプロの機材は立派ですし、知識やテクニック、経験も豊富です。
しかし、これは二次的な要素であって、実際は彼らが撮影を行う際の意識や考え方がアドバンテージになっていると思います。
プロのカメラマンというのは、意識をカメラという道具を使って具現化するのに長けている人、といいましょうか。

前置きが長くなってしまいました。クリエイティブセンターの清水です。カメラマンです。
「写真を上手くするコツ」の一つとして「主題を決める」ことを紹介します。

先に挙げたように、昨今はスマホを持つ人が多くなり、また町ゆく人のカメラを見ると
「いいカメラ持ってるなぁ・・」と思わずつぶやいてしまうこと多々。
インスタグラムやフェイスブックなどSNSを覗けば、素晴らしい写りの写真を投稿している方も多く、驚かされます。
そして一見すると上手に見えるのですが、その写真たちには、往々にして欠点があったりもったいないなと思ったりすることがあります。
それは伝えたいことがない。もしくは伝えたいものが写っていないことです。

もちろん、写真というのは記録的な役割もあれば芸術的な側面もあり、非常に幅広い表現のできる媒体です。
だからこそ、見る人によって感じ方が異なる場合もあるでしょうし、撮影者の意図が正確に伝わらないことも多々あります。

そこで重要になるのは、写真に気持ちが込められているかどうかです。写真が上手い。
というのはテクニカルな要素もありますが、伝わるかどうかが重要です。

伝えたいことって何だろう。
考えすぎると難しくなってしまいますが、それを見極める良い方法があります。
待ったなしの場面であれば仕方ないですが、時間があれば言葉にしてみてください。なんとなくレンズを向けたくなったものが何なのか、整理してみてください。
そして、一番大事なものは何なのかを一つ決めてみてください。これで主役が決まります。

この主役のことを、写真の世界では「主題」と呼びます。主題が決まると、不足している要素や余計な要素が見えるようになります。
写真は引き算という言葉がありますが、伝えたいことを明確にすることが、写真が上手くなる第一歩になります。

主題が決まると、主題だけでは伝えきれない要素も見えてくるかもしれません。
伝えたいことを伝えるために、主題を補うための要素として今度は「副題」の用意も考えることができるようになります。
主題が明確なら、「構図」も色々なアプローチが可能になります。

写真を上達させるために、カメラ操作やテクニックの習得も大切ですが、伝えたいこと=主題を明確にしてから撮影に臨むことが何よりも大切です。

グローカルマーケティング株式会社
クリエイティブセンター 清水正輝

<プロフィール>
クリエイター、フォトグラファー、ライター
新聞社で記者、報道カメラマンを経て現職。撮影や映像制作のほか、取材・原稿執筆などを行う。写真以前にカメラが好き。いつも荷物が多くてすみません!
—————————————————————————
売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中
—————————————————————————

PAGE TOP