マーケティングブログ

就職活動に新語!?「オヤカク」ってなあに!?

2018.3.13

雪もようやく落ち着き、春の足音が近づいてまいりました。

私もこの冬で溜めこんだ脂肪を燃焼すべく、「手っ取り早くダイエット」プロジェクトとして加圧シャツの着用をスタートしました。
春は新しいスタートを迎える節目の季節ですからね。

また、新しいスタートとして、世間では新社会人が社会に飛び立つ季節でもあります。
2019年新卒者を対象とした就職活動も3月1日より解禁し、1年後には社会人のヒナたちが社会に飛び立つこととなります。

人財に関する動きが活発となる春ですが、最近、新たな就活用語として「オヤカク」という言葉が出てきていることはご存知でしょうか?

「オヤカク」とは何か?

「オヤカク」とは、内定予定者の親に対して、企業が内定承諾の確認を行うことを意味する言葉です。つまり「オヤカク=親の確認」です。

電話や資料送付、ホームページでの情報公開など、企業によって、オヤカクの方法は様々です。

例えば・・・
・挨拶を兼ねて親に電話をする
・親の同意書をとる

以上のような方法が挙げられます。
また、内定後も…
・内定式での写真を親へ送付する
・親も内定者懇談会などに招待する
・とある酒造メーカーでは、「大切なお子様が弊社にご入社いただけることに感謝します」の心づかいでビールを贈呈する

などなど、採用を取り巻く環境は激変しております。

なぜ就職活動中に「オヤカク」が行われるようになったのか?

企業側にとっては、時間をかけて選んだ内定者が最後の最後で辞退すれば、これまでのプロセスや選考に使用した費用(=投資)がムダになってしまい、優秀な人材の確保が困難となるためです。
よって、企業側は「親の反対による内定辞退」を避けるための対策として、「オヤカク」を実施するようになったのです。

『そんなことまでしないといけないの…』

そう思われる方も多くいらっしゃることと存じますが、それだけ就職環境や就職後の定着を促す環境は変わっていることが伺えます。

激変する就職前線だけに、どのような対応が必要か?
グローカルマーケティングでは、人財採用・育成・定着のご支援『社員-シャイン』を展開しております。
https://glocal-marketing.jp/topics/topics/syainkagayaku/

人財採用や社員の育成・定着についてお悩みの皆様、お気軽にご相談ください。

グローカルマーケティング株式会社
経営支援チーム 池原俊介

<プロフィール>
県内大学出身。平成21年に県内の金融機関に入社。前職での業務を通じ、『新潟県内の企業を幅広くご支援したい』、『生まれ育った新潟をもっとより良くしたい』との思いから平成28年にグローカルマーケティング㈱に入社。

—————————————————————————
売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中
—————————————————————————

PAGE TOP