マーケティングブログ

広辞苑改定がビジネスチャンスに!?

2018.1.17

先日、1月12日に広辞苑第7版が発売されました。
今回の改定では「自撮り」、「ちゃらい」、「スマホ」といった世相を反映した言葉や若者言葉の収録が話題となっています。

また、働き方改革が叫ばれる影響もあり「ブラック企業」という言葉の収録は多くの注目を集めました。

そんな中、個人的に印象的だったのが、

 

「無茶振り級にがっつり大改訂。10年ぶりのサプライズ」というキャッチコピー。
今回の広辞苑第7版出版に際して掲げられたキャッチコピーです。
「無茶振り」「がっつり」「サプライズ」という言葉は今回の改定で広辞苑に収録された言葉です。
書店で見かけ、思わずうまいと感心してしまいました。
今回の広辞苑改定はインターネットが普及する現代で紙媒体の売上アップの起爆剤となれるのでしょうか。

広辞苑と言えば前回の改定は2008年のことでしたので、およそ10年ぶりの改定となります。
実は、10年前の改定の際にユニクロが広辞苑で使用されている挿絵を採用した広辞苑Tシャツの発売という記念企画を行っていました。
また、企画に合わせてプレスリリースを発信することで、メディアを活用した情報発信がされていました。
こうしたコラボや時事性のある企画というのは非常に話題性があり、有効なマーケティング戦略と言えます。

この事例、ユニクロにしかできなかったのでしょうか。
中小企業ではタイアップというのは難しいかもしれませんが、時事ネタを活用したり話題のものとコラボしたりすることで新たなビジネスチャンスが転がっているのかもしれません。
常に世間に目を向けて話題を掴んでおくこと、アンテナを張ることが重要ではないでしょうか。

今月のマーケ大基礎講座では『売れる仕組みづくりしてますか?』というテーマで、マーケティングの基本を学ぶセミナーを開催します。
今回のコラムの中で紹介しました、【キャッチコピー】【コラボ】【プレスリリース】というのはマーケティング戦略の一つでしかありません。
自社の商品・サービスをより多くのお客様にご利用していただき、買っていただくためには、どのような仕組みをつくれば良いか。
一つ一つの施策を点ではなく、線で結ぶことで売上アップに繋げるための仕組みづくりをお伝えしますので、是非ご参加ください。
<マーケ大基礎講座>
新潟・長岡会場:http://www.niigata-marketing.com/regular/_1217.html
福島会場:http://www.niigata-marketing.com/regular/_1218.html

グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 遠藤大志

<プロフィール>
新潟県長岡市出身。
企業の営業力強化支援や営業力強化セミナーへの登壇、
WEBサイトの運用・制作支援に従事。

—————————————————————————
売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中
—————————————————————————

PAGE TOP