マーケティングブログ

機会損失、起こしていませんか?

2019.1.16

先日、好きなファッションブランドのショッピングサイトで特別アウトレットセールが開催されていました。
しかも、そこには欲しかったあの商品が並んでいるではありませんか。
出先だったため、家に帰って落ち着いてから注文しようと思い、その場で見ていた携帯を閉じました。

しかし、家に帰ってからいざ携帯を見てみると既に欲しかった商品は在庫切れ。痛恨の失敗でした。
・・・こんな機会、経験のある方は少なくないのではないでしょうか。

何かの取引をして実際に被った不利益(損失)ではなく、しないことによって利益を得る機会を逃すことを機会損失と呼びます。

今回は、営業活動を行っていく中で、機会損失を起こさないために重要な考え方をお伝えしたいと思います。

皆さんはお客様に売りやすい商品を提案していませんか?
「本当はAという商品を提案したいけど、Bという商品の方が安価だからお客様に確実に買ってもらうためにBを提案しよう。」
こういった考え方をしてしまうことはないでしょうか。

営業パーソンの役割はお客様の課題を解決することです。
お客様は悩みや問題を解決してもらうために営業パーソンから話を聞き、提案を受けてくださるのです。
つまり、お客様へ一番お役に立てる提案は何かという観点で営業活動を進めることが大切です。

また、「アップセル」や「クロスセル」という追加の提案をすることも機会損失を防ぐ上で、重要な考え方です。
「アップセル」というのは通常より上級の商品・サービスを提供することで、「クロスセル」というのはある商品を購入してくれるお客様へ関連する別の商材を推薦することです。

売りやすい商品ではなく本当にお客様の役に立てる商品をご提案することや、お客様が希望するものだけをご提案するのではなくプラスアルファのご提案をすることで、ご満足いただくこともでき、その結果、機会損失を防ぐこともできるというわけです。

お客様にとって本当の満足は安く済ませることではなく、本当に役に立つことをご提案することなのです。
是非、皆様の営業活動にもお役立てください。

そして、皆さんの営業活動で最高のパフォーマンスを発揮するために見逃してはいけない機会があります。

http://niigata-nmc.com/

新潟で活躍されるビジネスパーソンの皆様に最先端のマーケティングノウハウをお届けする“マーケ大カンファレンス2019”の開催が決定しました。
TVでもご活躍されている原田曜平氏をはじめとする講師陣から多くのエッセンスを皆様に注ぎ込んでいただきたいと思います。

「実践せずにはいられない」そんな気持ちを抱かせる一日となることをお約束いたします。

グローカルマーケティング株式会社
営業支援部 遠藤大志

<プロフィール>
企業の営業支援や人財採用・育成支援、WEBマーケティング支援に携わる。
自らも自社の営業として県内各地を日々奔走中。

—————————————————————————
売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中
—————————————————————————

PAGE TOP