マーケティングブログ

自分を応援してくれている人は日本に何人いる?

2018.8.29

「自分自身を応援している人が世の中に何人いるのか」…皆さんは知りたいと思いますか?

TwitterやInstagramなどSNSの台頭で、様々な情報が目まぐるしく飛び交うようになった昨今。
ふとした誰かの一言が思わぬきっかけで拡散し、何万人もの人々に届いているような光景も珍しいものではなくなりました。

中には「このひとの発信する情報を知りたい!」と人々から支持され、大きな発信力を持つようになった人物も現れています。

ファッションサイトZOZOTOWNを運営する前澤友作社長もそのひとり。
「6時間労働の導入」や「ボーナスの一律制」など革新的な企業経営が多くの注目を集めています。

しかし、その一方で規格外な私生活や交友関係がメディアに取り沙汰されることもしばしば。
良くも悪くも注目の的になっている前澤氏ですが、先日Twitterに投稿した内容がまた新たな話題の種を生んでいます。

ぶっちゃけ教えてください。前澤友作のこと
・応援したい ・応援したくない

何のことやらと思われた方もいるかもしれません。
実はこちら、Twitterのアンケート機能を用いた投稿で、見た人は前澤氏を「応援したい」か「応援したくない」かをその場で回答できるのです。

10万件以上の回答を集めたアンケートの投票結果は「応援したい」が70%、「応援したくない」が30%。
単純計算で7万人以上もの回答者が彼を応援していることが分かります。

しかし、この結果に対してTwitter上でこんな意見が上がりました。
「彼を応援している人に向けたアンケートなんだから、票が偏って当然ではないか?」

確かにこの投稿を受け取ったのは「前澤氏の発信する情報を知りたい!」と彼を支持し、彼のTwitterアカウントをフォローしている人々です。
全面的に支持している人ばかりではないにせよ、これでは「応援している」に票が集まるのはごく自然なことかもしれません。

このように、アンケートなど様々な調査においては、調査対象を誰にするかという点が重要な意味を持ちます。

例えば、日本の女性の平均身長を調べるアンケート調査の対象は誰がふさわしいでしょうか?当然ながら「日本人女性」ですよね。

とはいえ、日本に住むすべての女性、そのひとりひとりにアンケートを漏れなく配ることも難しいのが現実。
そこで全体から抽出した一部の女性を対象とし、その結果を基に全体の値を推測するのが一般的な調査の流れとなります。

このとき、本来調査で対象とするべき「日本に住むすべての女性」を、調査の「母集団」、
全体の値を推測するために抽出した一部の女性を、調査の「標本」と呼びます。
調査を行う上では、抽出された標本が母集団に対して偏りがないか、よく検討することが求められます。

前澤氏本人は、厳密に彼自身の支持者の割合を調べるためにアンケートを行ったわけではないと思いますが、
半分冗談ともとれるような投稿がちょっとした議論を巻き起こしてしまうあたりが、彼の持つ影響力の高さを表しているのかもしれません。

私個人はといえば、前澤氏が日々発信する意見やその姿勢に刺激を受けているひとりです。
微力ではありますが、ランチパックを買って応援させていただこうと思います。

グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 大嶋航平

<プロフィール>
マーケティングプランナー。
新潟県出身。担々麺にはまっています。
役立つ情報・支援をご提供します!お気軽にご相談ください。

——————————–

毎月、マーケティングに関するセミナーを開催しています。

▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中

——————————–

PAGE TOP