マーケティングブログ

タイミングの良い営業マンを採用するには(1)

2019.8.23

皆さんの元にタイミングの良い営業が来たことはありますか?

例えば、
「コピー機の調子が悪いと感じたときに現れたコピー機販売の飛び込み営業」

「息子の成績が思わしくないと感じたときの学習塾の折込チラシ」

「甘いものが食べたいと思っていたときに表示されたコンビニスイーツのSNS広告」

など、対面営業のみならず、優秀な営業マンがいるかのように様々なツールを使って
お客様に絶好のタイミングで営業を行う施策はたくさんあります。

今日は私が体験した絶好のタイミングで届いたダイレクトメール(DM)のお話をさせていただきます。

この小話が皆さんの売上アップのヒントになりましたら幸いです。

今から半年前。
まだ雪が降っていた2月頃のことでした。

息子の入園が無事に決まり、園から入園準備に関するお便りが届きました。

噂には聞いていた入園グッズの定番。
園指定サイズの巾着を3つ用意しなければなりません。

「手作りしようか・・・」

という考えは瞬時に消え去り、
好きな柄の布を選び、サイズを指定してオーダーできる手芸専門店さんに頼むことにしました。

手芸専門店さんに行くと要望を細かく聞き取ってくださった上に、2週間で納品してくださるとのこと。

接客の気持ち良さとスピーディな対応に感謝をしつつ、お会計をしようとすると

「会員登録していただくと本日のお会計が5%オフになります。いかがでしょうか。」

と、会員登録をおすすめしていただきました。

「5%も割引があるならじゃあ」

と会員登録用紙に住所やメールアドレスを記入しました。

会員登録用紙の最後には、
————————————————
□当社からのDMを受け取る
————————————————
という文言が。

「郵便物が増えるのは嫌だし、これはチェックをつけなくても良いか」
と思い、チェックをつけずに提出しようとすると・・・

>>「タイミングの良い営業マンを採用するには(2)」へつづく

 

グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部副部長/マーケ大事業部部長/広報リーダー
遠藤南

新潟県新潟市出身/長岡市在住
新潟大学を卒業後、女性消費者に特化したマーケティング会社株式会社ハー・ストーリィに入社。大手クライアントのリサーチ、プロモーション案件を担当する。3年のプランナー経験を経て、地元新潟で働きたいという思いが強くなり、情報収集開始。その中で今井進太郎の存在を知り、「この人の会社で働きたい」と思い、facebookで友達申請を送る。のちに情報交換という名目で面談の場を設けてもらい、入社を直談判する。地元新潟で「マーケティングを通じて、仕事が楽しいと思える人を増やしたい」という想いをもって、2013年6月グローカルマーケティングに入社。コンサルティング、セミナー・研修講師として活動する。

「実践せずにはいられない」セミナー|マーケ大

PAGE TOP