マーケティングブログ

あなたの“伸び”はどこから?~褒めポイントを狙い撃ち~

2017.12.19

12月になると、世間では風邪やインフルエンザが流行り、何かと体調を崩してしまう時期でございます。

そんな時期と、某・かぜ薬のキャッチコピーになぞらえて、今回は“伸び”と“褒め”についてお話します。

先日、私の友人からこのような電話が…
「仕事、辞めようかな…」声のトーンから、かなり深刻です。

話を聞いていると、仕事が嫌いなわけではなく、直属の上司や部下との人間関係がうまくいかないことが大きな要因とわかりました。

私も前職では、上司が直属の部長や他の管理職の方々と喧々諤々と話しをし、ため息をついて自分のデスクに座っていた背中を今でも鮮明に思いだすことがあります。

年齢や職歴を重ねるごとに、人は褒められなくなります。
一方で、いつまでも自分のことを認めてほしいという欲求が人にはあります
もちろん、上司も。

上司として部下を伸ばすために、いいところ探しを毎日意識して行っていたとしても、部下の側からは上司のあなたのことを褒めてくれることは、そうそうありません。

でも、「褒め言葉」には、相手を元気にさせる効果があります。
それは、相手の長所や魅力を語るというだけでなく、尊敬や思いやり、愛情が含まれた言葉だからです。
「褒め言葉」を送られた相手はもちろんうれしくなりますし、その様子にこちらもうれしくなります。

良好な人間関係を築くために、まずは、あなたから上司を褒めるように3つのポイントを意識して実践してみませんか?

1.「目標です」
相手を目標にするということは、相手がそれだけ能力と実績があり、仕事ができる存在。また、目標とするに値する人格や人間的魅力を持っていることでもあります。

2.「勉強になります」
相手の言動が勉強になることは、それだけ学ぶ所がたくさんあるという事の裏返しであり、相手は経験豊富で知識や能力の面で秀でていることを表します。

3.「感謝しています」
目上の人を褒める言葉として、相手の言動に対し感謝の気持ちを述べることで、相手の資質を認めて、目上の人を褒める言葉になります。

いかがでしょうか?

人間関係が原因で退職するビジネスパーソンは、とある転職エージェントの統計データによると、全体の約6割に昇るといわれております。

人財採用が厳しい昨今、貴重な人財が退職せず、企業や組織に定着するためにも上司部下の良好な関係性は必須であると思われます。

コミュニケーションの鉄則は自らアクションを起こすこと!
アクションがなければリアクションは得られません!

是非、実践してみては?

また、グローカルマーケティングでは、人財採用・育成・定着のサービス『社員-SHINE』を開始しました。

人財にお悩みのビジネスパーソンならびに経営者の皆様、お気軽にご相談ください。

グローカルマーケティング株式会社
経営支援チーム 池原俊介

<プロフィール>
県内大学出身。平成21年に県内の金融機関に入社。前職での業務を通じ、『新潟県内の企業を幅広くご支援したい』、『生まれ育った新潟をもっとより良くしたい』との思いから平成28年にグローカルマーケティング㈱に入社。

 

—————————————————————————
売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中
—————————————————————————

PAGE TOP