マーケティングブログ

自社に合う人財を採用するために必要なこと

2022.4.16

こんにちは!コンサルタントの鈴木哲治です。

新卒採用が3月から解禁となり、1か月が経過しました。
採用状況はいかがでしょうか。応募はあるものの、思った通りの人財ではない…。
こんな悩みをよく伺います。
その場合、”採用しない”という選択肢をとっていませんか。
もちろん、長くご活躍いただくためにも採用基準をしっかり定め、その結果、ご縁がないというケースもあると思います。
その流れ自体は正しいと私も考えております。

しかし、その採用基準が本当に正しいかどうか、見直しておりますか。
将来の可能性まで見極めて採用活動ができておりますでしょうか。
今日は将来の活躍人財を採用するために必要な採用基準の見直しポイントについてお話しいたします。

コミュニケーション能力って本当に採用基準に必要?

多くの企業様が学生に求める能力の中でよく聞くのが「コミュニケーション能力」です。
確かにコミュニケーションを必要としない仕事は少なく、円滑に仕事を進めてもらう、覚えてもらうために必要な能力であることは理解します。

もちろん、コミュニケーション能力が高いに越したことはありません。
しかし、コミュニケーション力がないから採用しないという選択肢は本当に正しいのでしょうか。
コミュニケーション力がないというのは”面接時点で”コミュニケーション能力がないだけなのです。

実はコミュニケーション能力というのは、変わりやすい能力であり、入社後に伸ばせる可能性の高い能力なのです。

社員教育とセットで採用基準を考える

採用基準で重視すべきは、
その方特有の能力、いわゆる変わりにくい能力をもっているのか、
そしてその能力がそれぞれの企業様で必要かどうかです。

そして、必要だが、変わりやすい能力というのは社員教育で伸ばしていけばいいのです。
必ずしも「研修しろ」というわけではありません。
例えばOJTの中でもコミュニケーション能力が発揮しやすい環境を整えるでも構わないと思います。

いずれにせよ、採用基準の中で重視されがちなコミュニケーション能力だけで、決めてしまうのは
早計であると私は考えております。

その方々の将来の成長まで含めて、”採用する”ことが非常に重要であると考えております。

※参考資料:採用学(新潮選書)服部泰宏 著

LINEでお友だちになって頂くと、最新のブログ情報をお届けします。ブログ以外にもマーケティングに役立つ内容なども発信していきますのでぜひこの機会にお友達追加をお願いします♪

友だち追加

 


お電話から問い合わせる
お気軽相談ダイヤル:0120-011-913


私がこの記事を書きました!


グローカルマーケティング株式会社
コンサルタント
鈴木哲治(クリックでプロフィールへ)

PAGE TOP