マーケティングブログ

迷ったらやってみよう! お店の「ウリ」の見つけ方

2022.5.26

 

こんにちは! コンサルタントの石田和晋です。

今回はお店の「ウリ」の見つけ方と題して、いくつかのフレームワークをご紹介します。特に小売店や飲食・サービス業といったBtoCビジネスの方向けの内容です。簡単なワークをご用意したので、ぜひペンと紙を片手にお読みいただければ幸いです!

1.マーケティングのおさらい

お店の「ウリ」を考える前に、マーケティングのおさらいを簡単にしましょう。順番として、①誰に(ターゲット)→②何を(商品・サービスの提供価値)→③どのように(アプローチ手法)の順番に考えていきます。

とりわけ「誰に」を考える段階で、ターゲット(理想のお客様)がどんなことを求めているのか、どんなことに悩んでいるのか、どのように購買行動を取るのか、といった顧客理解を深めることが重要です。なぜなら、ターゲットによって打ち出すべき価値、強み、アプローチ手法が大きく変わってくるからです。

一方で、今の自分たちのお店・会社について見つめ直すことも大切です。自分たちが持っている、あるもの、価値提供できているもの。それがお店の「ウリ」の材料になります。それではお店の「ウリ」を見つけるヒントとして、3つの手法をご紹介します。

2.お店の「ウリ」を見つける3つの方法

①要素/機能/属性

1つ目は自分たちのお店を「要素」「機能」「属性」の3つの切り口で整理する方法です。

「要素」とは、あるものを構成するものです。お店であれば、店舗、看板、商品、スタッフ、陳列、ディスプレイ、パッケージ、設備といった目に見えるものや、サービス、ブランドイメージ、お店の歴史、お客様など無形のものがあげられます。

「機能」とは、あるものを使うことで得られるプラスの効果です。例えば整体院のようなビジネスであれば「腰痛が治る」「肩こりが取れる」といった物理的なものがあります。そこからさらに、「痛みが取れてスッキリした気持ちになる」「仕事のパフォーマンスが上がる」といった精神的・情緒的な効果も忘れてはなりません。メリットやベネフィット、価値という表現を使うこともありますね。

「属性」とは、あるものの性質を表すものです。「早い」「うまい」「安い」「大きい」「小さい」「暖かい」「冷たい」「豪華」「シンプル」など形容詞で表現されることが多いです。お客様からみたお店のイメージなどはここに当てはまることが多そうですね。

「お店の売り・強み」と漠然と考えるよりも、1つ1つ分解することで考えやすくなります。複数の項目に関わることも多いですが、その場合は気にせず両方に書いてしまいましょう。大事なことは書き出してみることです。

②マンダラート

2つ目はマンダラートです。今メジャーリーグで大活躍の大谷翔平選手が、高校生の時に使ったことでも話題になったフレームワークですね!

やり方はとてもシンプルです。9つのマスを書いた紙を用意し、真ん中のキーワードから連想されるものを周りに書き出していきます。そして、その中から1つのキーワードを選び出し、新たな紙の中央に配置して、、、とどんどん書き出していく発想法です。

コツはとにかく埋めきること。①要素/機能/属性で整理したものをさらに深掘りする時にも有効です。お店のスタッフを巻き込みながら、みんなで取り組むことも面白いです。きっと新たな視点が見えてくるはずです。

③お客様に聞く

3つ目はずばり、お客様に聞いてみるという方法です。自分のお店の売り・強み=USP(Unique Selling Proposition)のヒントは、意外とお客様が持っています。ぜひ次の質問をしてみてください。

ポイントは「数ある〇〇〇〇の中で」とつけることです。複数のお店の選択肢がある中から、「比較して」あなたのお店を選んでくれる理由を探ることができます。注意点としては選ぶ理由をしっかりと深掘りすることです。

仮に「近いから」という答えがあったとしましょう。ある人は「自宅から近い」から「思いついた時に気軽に行ける」こともあれば、別の人は「職場から近い」から「平日の仕事帰りに寄り道できる」のかもしれません。ぜひあなたのお店を選ぶ理由やその背景に至るまで、聞いてみてください。予想もしていない言葉が返ってくるかもしれません。

3.競合との差別化も考えよう

さて、お店の売りや強みのヒントが集まったところで、「これぞ!」という「ウリ」を見定めていくわけです。しかし、お客様はあなたのお店だけを選んでいるわけではありません。忘れてならないのは競合の存在です。

例えば「駅に近い」という強みを活かそうと「駅から徒歩5分の本格居酒屋」と打ち出そうとしたときに「駅から徒歩1分の本格居酒屋」があった場合は、埋もれてしまう可能背があります。

そこで、差別化のポイント=POD(Point of Difference)を考えます。①お客様ニーズがあって、②自店の強みや特徴が活かせて、③競合のお店が提供していない・できていない部分が無いかを見極めることが大事です。現実的には唯一無二の独自性を出したり、競合と圧倒的な差別化を図ることは簡単なことではありません。ですが、「ほかの店とは一味ちがう」「やっぱりこのお店がのココが好き!」と思っていただけるような工夫を凝らしていくことが、ファンを作っていくうえで欠かせないです。

いかがでしたでしょうか。今回はお店の「ウリ」の見つけ方をご紹介いたしました。皆様のお店の魅力づくりの参考になりましたら幸いです。最後までご覧いただききありがとうございました。

LINEでお友だちになって頂くと、最新のブログ情報をお届けします。ブログ以外にもマーケティングに役立つ内容なども発信していきますのでぜひこの機会にお友達追加をお願いします♪

友だち追加

 


お電話から問い合わせる
お気軽相談ダイヤル:0120-011-913


私がこの記事を書きました!

グローカルマーケティング株式会社
コンサルタント
石田和晋(クリックでプロフィールへ)

PAGE TOP