マーケティングブログ

オンライン化で明らかになった採用面接の難しさ

2022.6.28

こんにちは!コンサルタントの鈴木哲治です。
今回はオンラインで加速させる人財採用についてお伝えできればと思います。

 ①コロナ禍で変わった採用活動

2020年からのコロナウイルス感染症の流行によって、大きく世の中の動きが変わりました。外出制限により、皆様の生活も一変したのではないかと思います。変わったのは日常生活だけでなく、採用活動にも大きな変化がありました。オンライン化の促進です。多くの企業様がオンラインを面接試験に導入されたのではないでしょうか。実際に採用活動にオンラインを導入された企業様9割以上が2020年のタイミングで導入をしております(下表データの通り)。

引用: 株式会社ZENKIGEN,株式会社シード・プランニング企業による新卒者の採用活動に関する市場動向調査

 ②採用面接が難しくなった?

オンラインを導入した際の面接官の反応で多いのが「人となりがわからない」、「やっぱりリアルで会ったほうがいいね」という意見です。確かに直接会うことでわかることもあると思います。しかし、対面での面接を求め、オンライン面接を苦手としている企業様の多くは、採用基準が”曖昧”なことがオンライン採用を難しくしている原因であると私は考えております。明確に採用基準が決まっているのであれば、回答の雰囲気で把握するのではなく、回答の内容、考え方で必要な情報を把握することが出来ると思います。実際に会った雰囲気だけで決めてしまうと本来活躍できたかもしれない人材の可能性を摘んでしまうことになると思います。

 

 ③採用基準が明確になれば、オンライン採用はメリットだらけ

採用基準が明確になれば、オンライン面接は怖くない!というのは前段で申し上げた通りですが、そもそもオンライン採用ってする必要あるの?と思われている方もいるかもしれません。コロナ禍も落ち着きはじめ、徐々に対面面接に戻している企業様も多いと耳にしております。しかし、せっかく導入したオンライン面接を辞めるのはもったいないです。そこでオンライン採用のメリット2点ご紹介いたします。

1.多くの地域にアプローチできるチャンスがある

オンライン化の一番のメリットといっても過言ではないのが、どの地域の人とでも面接が可能ということです。実際都心の多くの企業がオンライン化を導入し、採用マーケットを地方へと拡大させております。今まで地の利を生かして採用していた企業様にとっては由々しき事態かと思いますが、逆に言えば、地方で働きたい都心の求職者ともオンラインで繋がることができる状況です。

 

2.プレ面接の機会創出をしやすい

皆様面接以外に求職者との接点を持つ機会を作っていますか?面接以外の面談の機会は、求職者の本音も聞きやすいですし、自社の魅力リラックスした状態で伝えやすいため、双方にとってメリットがある施策の一つだと思います。しかし、皆様ご多忙の中、面接時間ですら捻出が難しいのにそれ以外で会うなんて…。と思われるかもしれません。そんなときにオンラインがとても役に立つわけです。求職者側も気楽に参加できますし、企業側としても移動などの時間がかからない分、実施が容易かと思います。面接以外でお会いする、その一つの気遣いが求職者を惹きつけるキーなるかもしれません。もし、実施されていない企業様がおりましたらまずはオンラインで気楽に始められてはいかがでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか。コロナ禍によって採用マーケットは大きな変化をしました。今まで採用できていた企業様が採用できないことも大いに起こり得ると思います。そんな中、人財採用を成功させることができるのは、採用の本質を見抜き、戦略立てて実行できる企業様であると私は考えております。

LINEでお友だちになって頂くと、最新のブログ情報をお届けします。ブログ以外にもマーケティングに役立つ内容なども発信していきますのでぜひこの機会にお友達追加をお願いします♪
友だち追加

>サービス一覧へ >無料相談はこちら

電話から問い合わせる お気軽相談ダイヤル 0120-011-913


私がこの記事を書きました!

https://glocal-marketing.jp/staff/staff1/suzuki/
グローカルマーケティング株式会社
コンサルタント
鈴木哲治  (クリックでプロフィールへ)

PAGE TOP