マーケティングブログ

合同企業説明会から母集団へ繋げるための方法

2021.11.26

皆さま、こんにちは。コンサルティング部のコンサルタントの鈴木哲治です。

11月も終わりに近づき、そろそろ年末ですね。年が明ければ、すぐに新卒採用が開始になります。採用をご担当されている方は徐々に説明会などでお話しする機会も増えてきているのではないでしょうか。

最近、ご支援に伺うと「新卒採用がうまくいかない」、「そもそも人が集まらない」、「説明会は来てくれても選考まで繋がらない」などのお悩みを抱えている方が多い印象です。

新卒採用の一歩目としてまずは母集団形成が大事だと思います(それより前にやるべきこと、準備すべきこともありますが…)。今回はそんな母集団形成に繋がるような合同企業説明会でのポイントを私の視点でご紹介させていただきます。

なぜ母集団が大事なのか

意中の学生だけを集めたい!母集団なんて時間の無駄だ!そんな思いを抱かれる企業様も少なくないのではないでしょうか。

確かに自社にマッチした人材を採用したいのは当然かもしれません。しかし、それは選考に進んでもらった後の話で、まずはどんな人であろうと知ってもらわなければ、自社にマッチするかしないかの確認もできません。まずは選考を受けてくれる人を増やす。そのためには「母集団を充実させる」これに尽きると私は思います。

そしてそのためには、直接多くの学生とお会いできる合同企業説明会から母集団に繋げていけることが重要です。

そのための方法2点を今回はご紹介いたします。

①印象に残る説明会~これだけは覚えて帰ってね!~

まずは印象に残る説明会をすることです。合同企業説明会という場で学生は多くの企業の説明会を聞いています(多ければ7,8社1日で説明を聞くような日もあると思います)。しかも最初に受けるのはもともと興味のあったような会社で、ふらっと立ち寄った企業のお話はなかなか印象に残りづらいものです。そんな場面で「弊社の概要は…」なんて話を始められても学生の印象に残すのは難しいでしょう。

そこで、重要なのは”これだけは覚えて帰ってほしい”というフレーズです。必ず各社様、それぞれの特徴と素晴らしい点があるはずです。学生に自社の思いを全部持って帰ってほしいと思う気持ちもよく理解できますが、それは個別の会社説明会でやればいいことです。

最初のステップは自社のことを知ってもらう学生を増やすこと。そのための合同企業説明会では、あれこれ話すよりも重要なワンフレーズを持って帰ってもらうほうがはるかに印象に残ります。

ドラマの予告とかも見たくなるようにシンプルにまとめられていますよね。それと同じです(違うか)。

②学生参加型の説明会

もう1つの方法は、学生に参加してもらう説明会スタイルにすることです。

上述の通り、学生は合同企業説明会で多くの企業の話を聞いている故、一方的に話すとなかなか耳に入らないことが多いようです(少なくとも私が学生の時はそうでした)。

そんな時、学生に回答してもらえるようなスライドを要所で挟むのをおすすめします。例えば、気分転換としてちょっとした自社のクイズ的なスライドを設けるとか、自社の製品説明で使用したことがあるかないかとか…。些細なことでも結構です。学生も対話したことで印象に残りやすくなります。

ここでの注意としては、「正解のない問いかけ」か「わかるわけがない問いかけ」にすることです。要するに答えて間違えた学生が尾を引くようなことがないように、問いかけ内容には注意を払うことが重要です。そこで学生に嫌な思い出として残ってしまうともう会えないと思ったほうが自然です。

 

採用活動は一期一会です。その時でなければ、会えない学生もたくさんおります。そんな中、自社にマッチする人との出会いを楽しみましょう!

 

LINEでお友だちになって頂くと、最新のブログ情報をお届けします。ブログ以外にもマーケティングに役立つ内容なども発信していきますのでぜひこの機会にお友達追加をお願いします♪

友だち追加

 


お電話から問い合わせる
お気軽相談ダイヤル:0120-011-913


私がこの記事を書きました!


グローカルマーケティング株式会社
コンサルタント
鈴木哲治(クリックでプロフィールへ)

PAGE TOP