マーケティングブログ

LINE公式アカウントの運用で大切なたった1つの数字

2021.11.8

皆さま、こんにちは。コンサルティング部のコンサルタントの石田和晋です。

先日、LINE公式アカウントのご支援の中で、「操作方法は分かるけど、役に立っているのかよく分からない。どうやって運用していけばいいのか?」とご質問いただきました。

お客様へのメッセージ配信、ショップカードの活用したリピート促進、チャットでの問合せなど様々な機能が無料で使えることが魅力なLINE公式アカウントですが、ビジネスで成果につなげていくためには目標を設定して、それを目指して運用していくことが大切です。今回はLINE公式アカウントを運用するうえで大事な目標設定についてご紹介します。

LINE公式アカウントの運用で大切なたった1つの数字

結論から言うと、LINE公式アカウントを運用していくうえでもっとも大切な数字は「友だち数」です。なぜなら、友だちの数が最終的な成果に直結するからです。

下の図は1回あたりのメッセージ配信と、その結果をシミュレーションした図です。上では友だち200名に対して配信し、下では1000人に対して同じメッセージを配信したと仮定しています。こうして比べてみると単純計算ですが、5倍の売上につながるわけです。つまり、友だち数(配信数)が多ければ多いほど成果が大きくなるわけです。

もちろん、メッセージの開封率やクーポンの使用率、メッセージ内のリンクのクリック率なども改善していく必要があります。しかし、それらの数字は1度の配信で多くの方に見てもらうことで初めて良し悪しが分かるものなのです。これらの改善は友だち数が300人、最低でも100人を超えてきてからでよいと思います。ですので何よりもまず、「友だち数」にこだわって運用していくことが重要です!

では、具体的な友だち数の目標の決め方についてご紹介します。今回は2種類の方法をお伝えします。

①売上目標から逆算する

まずは売上目標から逆算する方法です。まずは ①売上目標÷客単価 で必要な客数を割り出します。売上目標の達成には②の状態を目指す必要があるため、③必要な客数÷開封率÷来店率 で必要な友だち数を算出します。※このケースではメッセージの開封率を80%、来店率を10%と仮定しています。

この手法はある程度客単価が予想でき、なおかつお客様がリピートしやすい商品・サービスを扱う方におすすめです。具体的には整骨・整体・鍼灸などの治療院の方や、理美容業の方、または購入頻度の高い商品のオンラインショップを運営している方です。

②来店客数から積み上げる

もう1つの方法は、今の来店客数をベースに設定する方法です。例えば1日あたりの来店客数が100人として、そのうちの10人に1人(10%)に友だち登録いただくと仮定する方法です。飲食店・小売店・観光業など、来店型のビジネスであれば幅広くあてはめることができる考え方です。

注意すべき点として、あくまで現在来店していただけるお客様が対象なので、友だち数が一定程度まで増えた後に頭打ちになる可能性が高いことです。その際はお店全体の集客数、特に新規の来店を増やしていく新たな施策を検討する必要があります。

 

いかがでしたでしょうか。今回はLINE公式アカウントを運用するうえで重要な友だち数をその目標設定についてご紹介しました。皆さまのビジネスにおけるヒントになれば幸いです。

LINEでお友だちになって頂くと、最新のブログ情報をお届けします。ブログ以外にもマーケティングに役立つ内容なども発信していきますのでぜひこの機会にお友達追加をお願いします♪

友だち追加

 


お電話から問い合わせる
お気軽相談ダイヤル:0120-011-913


私がこの記事を書きました!

石田 和晋
グローカルマーケティング株式会社
コンサルタント
石田和晋(クリックでプロフィールへ)

PAGE TOP