事例紹介

店舗集客・スタッフ育成のご支援

  • 業種
  • 飲食業
  • 実施内容
  • 複数の飲食店を経営しているオーナー様より、「折込チラシやイベント、SNS活用など様々な集客手法を実施しているが、新規顧客の集客伸びない。これまでに来店したお客様のリピート来店を促す工夫ができていない。」とご相談をいただきました。また、複数店舗を経営されるオーナー様が自らマーケティング施策を企画・実施しているため、施策検証する時間の余裕がなくなってしまっており、改善点の洗い出しができていないという問題点もふまえて、既存のマーケティング施策の見直しから新規施策の企画提案・実施フォローもご支援できる、マーケティングパートナー契約をご提案。月に一度の訪問による会議実施と日々の施策実施支援によって、客数増加、客単価向上を中心に売上増加施策に取組みました。

    【ご支援内容】
    ■自社の強みを明確に打ち出したツールの見直し
    季節ごとのチラシやPOP、SNS上で、お客様にとって魅力的なポイント(自店のUSP)を打ち出すための情報整備とマーケティング要素を盛り込んだ見せ方を議論。季節商品をアプローチするチラシを一新しました。結果、売上は昨対比の二倍に増加。多くのお客様にチラシを通じて、商品購入を促す他、自社の強みを再認識していただくきっかけをつくることができました。
    ■店長・リーダー会議の実施
    販促に関わるオーナーの時間的負担を軽減しつつ、スタッフの主体性を引き出し、全員店舗経営を実現していくことを目的に、毎月リーダー会議を実施。店舗販促企画や実施について、スタッフのアイディアを採用し、自らの考えが売上アップにつながる場を増やす他、リピートを促す工夫も現場の声から実施案を募り、実現することができました。

    【今後の展開】
    二年間のご支援を終えて、今後は、コンサルティング契約の中で策定したUSPとマーケティング施策の実施ノウハウを基に、自社スタッフの創意工夫で売上アップ施策を実施しています。今後も、成果検証をし、売上アップを実現していきます。