事例紹介

福島県内への事業展開に向けた二次データ収集分析調査・街頭調査

  • 業種
  • 情報通信業
  • 実施内容
  • 福島県内へ新たに事業展開をするにあたって、現地の情報や市場環境がつかめておらず、今後の市場開拓の方向性をどうすべきか悩んでいらっしゃいました。福島県内の市場環境がどのようになっているか、また市場開拓の成果を高めるためにはどのような戦略をとるべきか、当社にご相談を頂きました。福島県内の市場開拓スピードを高めるための戦略構築を目的にリサーチプランをご提案いたしました。

    【リサーチプラン】
    ■二次データ収集・分析調査
    まず福島県内の大まかな市場環境や業界動向をとらえるため、既存の統計データを収集・分析する「二次データ収集・分析調査」を実施しました。福島県内の人口や世帯数、将来的な人口推計はもちろん、世帯収支や支出項目、県民性や市民性に至るまで分析しました。

    ■商業施設内での聴き取り調査(街頭調査)
    福島県内の市場環境をや自社サービスの販売戦略を構築するため、福島市の商業施設内で聞き取り調査を実施しました。競合他社サービスの認知・購入状況や、現状のサービスに対する興味関心度について聴き取り、福島県内の市場環境をより具体的に分析することに努めました。

    ■福島県内での販売戦略の立案
    調査結果を基に、今後どのような販売戦略を描いていくか、マーケティングや営業に関する戦略立案をご支援いたしました。年代や家族構成別に結果を分析しながら、どのターゲットにどのようにアプローチしていくべきか検討しながら、今後の市場開拓方針策定に努めました。

    【今後の展開】
    まずは企業やサービスの認知を広げるための広報や営業活動を実施していきます。同時に、広報や広告の成果を高めるために定期的にサービスの認知度を計測する認知度調査実施を予定しています。