事例紹介

WEB集客施策の整理と提案

グローカルマーケティング株式会社武田知浩のご支援事例
  • 業種
  • ダイエットサロン
  • 実施内容
  • ≪ご依頼の背景≫
    ダイエットサロンを新規開業され、今後WEB集客を強化して、見込み客の母数を増やし、成約率を上げていきたいと強く希望されていました。現在はホットペッパービューティーからの成約が中心となっているため、ホットペッパービューティーへの集客を増やすことが一番の課題です。HPの運用、Googleマップの最適化、Instagram・Facebookの活用、LINE公式アカウントの活用など、現状でも様々なWEB集客施策を実施しているが効果を実感できていません。限られたリソースで成果を最大化させるためには、取り組むべき施策を絞り、深めていくことが必須だと考え各施策を洗い出し、一つ一つ整理をしていきました。
    ※本ご支援はにいがた産業創造機構(NICO)専門家派遣制度を活用して実施しました。
    令和2年度:緊急経営安定対策 専門家派遣事業

    ≪ご支援内容≫
    約2時間のご支援を3回実施させて頂きました。

    ●第1回:課題の明確化と今後の方向性の整理
    現状取り組んでいるWEB集客施策、リアル集客施策に関してヒアリングを実施しました。ホットペッパービューティーと自社ホームページをお持ちですが、集客面ではホットペッパービューティーの比重が重いため、ホットペッパービューティーへの集客を増やす方向性で検討していくことにしました。
    「ダイエットジャンル」でのSEO対策は厳しいため注力はしないことにしました。Googleマップ対策では十分に活用が図られているので「口コミ」対策だけに注力することにしました。検索広告は専用LPがないと効果が期待できないので保留。SNS運用に関してはInstagramを継続的に運用し、Facebookはターゲット層を意識して独自運用を図っていただくことにしました。LINE公式アカウントでは月に1回程度「お役立ち情報」を発信してもらいます。広告に関してはターゲッティング精度の高い「Facebook・Instagram」広告をご説明しました。少額の予算でテスト的に配信することができ、着地ページはホットペッパービューティー内ページでよいため、スモールスタートを行うことができます。
    このように第1回目ご支援では現状の整理と、集客動線の整理を行いました。

    ●第2回:Facebook広告を用いた集客施策について
    1回目に決定した施策内容の振り返りを実施しました。前回からGoogleマイビジネスの口コミを新規に3件獲得することができました。
    Facebook広告とInstagram広告の特徴に関して、実際の広告内容を基にご説明しました。お客様が広告を配信するための、Facebook広告マネージャーを新規開設し、広告の出稿手順と注意点、広告レポートで確認するべきポイントなどをご助言しました。
    ・画像:一瞬で目を引き付けるようなものを用意し、テキストは少なくする。
    ・説明文:Facebook広告では説明文章も重要になる。ターゲット訴求、ベネフィット訴求を簡潔に行う。
    ・配信設定:配信地域、ターゲット(興味・関心など)を細かく設定する。
    ・配信後の運用状況確認を行う。クリック率1%以上を目指す。またホットペッパービューティーのレポート確認も行う。

    ●第3回:Facebook広告の実演、Google広告への助言
    2回目にFacebook広告の配信に向けた環境整備を行ったが、配信されていなかったので、改めて一から一緒に配信手続きを進めました。
    ・予算管理
    ・配信ターゲット設定
    ・配信面設定
    ・広告詳細設定(ダイエットは広告ポリシーの制限コンテンツにあたるので、細心の注意で設定する必要がある。支援中に設定したものも即却下となり、文言を変えて再設定した。)
    ・広告の成果を把握するレポートの見方についてレクチャー
    またGoogle広告も別途配信されていたので、そちらの内容に関してヒアリングし助言しました。ディスプレイ広告を出されているとのことで、今後の広告成果を踏まえ新たに「Googleリスティング広告」へ切り替えて実施することも助言しました。「ダイエット」というコンプレックスジャンルのためネット検索する人にダイレクトに届ける広告が有効といえます。

    全3回のご支援を通して、「WEB集客方法」について現状整理を踏まえ、助言させて頂きました。最終目的点である「ホットペッパービューティー」への誘導のため、InstagramやFacebook、Googleマップを活用して集客を図るように動線整備を意識的に進めてもらいます。またLINE公式アカウントでは見込み客育成を主として、すぐには予約申し込みに至らない方とお友達になり、コラム情報などで育成を図り関係性を構築するようにしていただきます。Googleディスプレイ広告や今後始めるFacebook広告は「そのうち客」の割合が増えるので、広告着地ページ上でLINE公式アカウント登録へとつなぎ留め、流失を少なくするように着地ページの修正についても今後着手して頂きます。
    これまで集客の打ち手がバラバラになっていたところをしっかりと見込み客の動線を意識して整理することで、予約申し込みの増加を期待します。

    WEB上で出来ることはたくさんあります。手当たり次第に手を付けると一つ一つの成果を実感することが難しくなります。まずは今行っていることを棚卸して見える化すること、ここがスタートになります。
    弊社ではこのような現状整理、最適施策のご提案もご支援させて頂いておりますので、是非お困りの際はお気軽にお声がけください。

    私がご支援しました!
    武田 知浩のプロフィール写真
    コンサルティング部 WEBマーケティングコンサルタント
    武田 知浩
    サービス一覧へ|お問合せをする

PAGE TOP