今井進太郎の商売繁盛コラム

2015-09-30 視点を変えると魅力が見える

今年のシルバーウィークは、1泊2日で長岡の和島にありますオートキャンプ場に家族で行ってきました。シルバーウィークともあって、キャンプ場は大賑わい。そこで目についたのは県外ナンバーの車の多さ。品川、千葉、川崎、宇都宮等々、太平洋側の地域のナンバーが目立ちました。「数あるキャンプ場の中で、何でわざわざ長岡にまで来るのだろう?」と疑問に思ってしまいました。

その答えは、夕方17時半過ぎに判明しました。キャンプ場は海岸沿いの丘にあり、そこから日本海を見渡せます。そして、日本海に沈む夕日を丘から眺めることができます。まさに絶景です。キャンプ場のあちこちから、「わぁ~、きれい~」と感嘆の声が響き渡り、みんながカメラのシャッターを押していました。私達の隣でキャンプをしていた家族は千葉から来ていました。この日本海に沈む夕日を見に、わざわざ千葉から何時間も時間をかけて長岡に来たのです。

千葉には、九十九里浜などオーシャンビューを楽しめる場所はたくさんあります。でも、千葉県民は残念ながら日常的に海に沈む夕日は見ることができません。新潟県民であれば、ちょっと車を走らせれば海に沈む夕日を見ることができます。正直、私達家族はキャンプができればよく、近場の和島がいいよねといったスタンスだったのですが、県外客の多さを見て、和島という地域やキャンプ場の魅力を知ることができました。

日本海側に住む新潟県民はもちろん海に沈む夕日には感動しますが、それは日常的なものであって、それほど魅力には感じません。しかし、それは海のない県や太平側の地域の方にとっては、何時間もかけるだけの価値があるものなのです。
湘南や九十九里浜は夏になると多くの若者で賑わいますが、残念ながらそこでは海に沈む夕日を見ながら女性を口説くことはできないのです!

ビジネスの視点に立ち返っても同じことが言えると思います。自社や業界では当たり前だと思っていることが、お客様から見れば魅力的だったりすることがよくあります。以前、米のお土産品に稲藁を付けたら、ヒット商品となったことがありました。農家さんや新潟県民にとって稲藁に決して魅力を感じるものではありませんが、都会に持っていくと「初めて藁を触りました」ということも多々あります。

私達は「慣れ」により、自社や自店の魅力を見失いがちです。視点を変えて、お客様やターゲットにとってどのような魅力があるのか今一度考えてみてはいかがでしょうか?

今井 進太郎
グローカルマーケティング(株)代表取締役
トキっ子くらぶ 代表
中小企業診断士/1級販売士

————————————————————————————
私が講師を務める「新潟マーケティング大学」フェイスブックページで今日から使える
商売繁盛のヒントやセミナー情報を配信しています!
http://www.facebook.com/niigata.marketing.college
————————————————————————————

この記事の詳細を見る

2015-09-03 再現可能な力を身につける

先日、(一社)長岡青年会議所の60周年記念事業で開催された、シドニーオリンピック女子100m背泳ぎで銀メダルを獲得された長岡市出身の中村真衣さんの講演会に参加しました。

オリンピックで2つのメダルを獲得するという輝かしい快挙を成し遂げた長岡の英雄である中村真衣さんですが、もちろん平坦な道のりだった訳ではありません。シドニーの後のアテネオリンピックには出場できず、一時引退も考えましたが、再度奮起され現役を続行される決断をされた話には胸を打たれ、勇気をいただきました。

中村さんの講演の中で、「大切なのは、どん底から這い上がる努力だ」という言葉がとても心に響き、共感しました。中村さんは、現役引退後も後進の育成や講演活動、様々な要職をこなしご活躍中ですが、これらは「どん底から這い上がる努力」をしてこられたからこそ、現役引退後も努力を重ね活躍をされているのだと思います。

私自身、高校まで野球をやっており、お世辞にも上手とは言えない選手でしたが、「地道に努力する習慣」は野球を通じて体得させてもらいました。今、現役時代の時のように野球をやれと言っても無理ですが、当時と同じくらい仕事において努力を積み重ねることは可能です。(現に、当時よりも努力をしている自信はあります。)

採用においても、学歴が重視されたり、体育会系が評価されたり、大きな実績を残した人が評価されるのは、その人の知識やスキルが評価されるのではなく、「努力すること」という再現可能な力が評価されるからだと思います。

ビジネスやマーケティングの世界でも「再現可能な力」は重要です。コミュニケーション力や論理的思考力などが顕著なものだと思います。
インターネットの世界では、次から次に新しいサービスやソーシャルメディアが生まれ、その技術を身につけようと担当者は飛びつきますが、大切なのは「再現可能な力」。それは、売れる仕組みづくりの中でソーシャルメディアをどう活かすかという戦略思考力であったり、情報を伝える力であったり、検証・改善を積み重ねる力であったりすると思います。

当社としても、新潟マーケティング大学等のセミナーや日々のご支援の中で、マーケティング活動において再現可能な力を身につけていただけるように取り組みを強化しようと決意を新たにしました。

今井 進太郎
グローカルマーケティング(株)代表取締役
トキっ子くらぶ 代表
中小企業診断士/1級販売士

————————————————————————————
私が講師を務める「新潟マーケティング大学」フェイスブックページで今日から使える
商売繁盛のヒントやセミナー情報を配信しています!
http://www.facebook.com/niigata.marketing.college
————————————————————————————

この記事の詳細を見る

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP