今井進太郎の商売繁盛コラム

2018-10-31 ビジネスをシンプルに考える3ステップ

10月13日・14日に「新潟起業チャレンジ」ビジネスイノベーション合宿に運営スタッフとして参加してきました。
「新潟起業チャレンジ」は、UIターンをして新潟で起業したいという人を応援する新潟県のプロジェクトで、当社はその運営に携わらせていただいております。

私は、マーケティング面のメンター役として参加しましたが、意欲あふれる皆さまと一緒にビジネスプランを練り上げることはとても刺激的でした。

その中で再認識したのが、「顧客ニーズへの価値提供」こそビジネスの根幹ということです。
ビジネスをシンプルに考えると、以下の3ステップになります。
1.顧客ニーズを見つけること
2.その顧客ニーズに対して価値を提供すること
3.その価値を顧客に伝えること

たとえば、今急成長中の「ライザップ」の場合、以下のようになります。
1.顧客ニーズを見つけること
⇒三日坊主にならずにダイエットを続けて結果を出したい
2.ニーズに対して価値を提供すること
⇒専属トレーナーがマン・ツー・マンでダイエットをサポートし結果につなげる
3.価値を顧客に伝えること
⇒「結果にコミットする」というキャッチコピーと芸能人の実績を使ったTVCM

今まで、「楽してやせたい」「おいしくやせたい」といったニーズに応えていたダイエット業界。
「つらくても、食事制限があっても、お金がかかってもいいから、何とかしてやせたい」という
近年の消費者ニーズに気づいたことが、ライザップの一番の成功要因だと思います。

いくらニーズに気づけても、そのニーズを満たす価値を提供できなければ、商品・サービスは売れません。
ライザップでは、独自のダイエットプログラム、専属トレーナーによるマン・ツー・マン支援という仕組みで、しっかりと価値を提供しているからこそ、これだけの広がりを見せているのでしょう。

いくらニーズに合った価値を提供できる力があるとしても、それが顧客に届かなければ、売上にはつながりません。
ライザップでは、お馴染みの「結果にコミットする」というキャッチコピーと芸能人のBefore・Afterを見せるインパクトのあるTVCMで、その価値を顧客に伝えています。

1.顧客ニーズを見つけること
2.その顧客ニーズに対して価値を提供すること
3.その価値を顧客に伝えること
のシンプルな3ステップを自社に当てはめて、ぜひ考えてみてください。

「顧客のニーズはなにか?」
「ニーズに対してどのような価値を提供するか?」
「価値を伝えるための施策はなにか?」
売上アップのための仕組みについてじっくり考えたい方は、ぜひ「販売戦略マップ構築セミナー」にお越しください。

グローカルマーケティング株式会社
代表取締役 今井進太郎

この記事の詳細を見る

2018-10-02 想いをカタチにするチカラ

先日、アオーレ長岡をホームとするバスケットボールチーム「アルビレックスBB」を通じて長岡を盛り上げる企画のプレゼン大会がありました。

ながおか・若者・しごと機構が主催する「ながおか若者会議」は、長岡の若者のアイデアやチカラで、長岡を盛り上げていこうという取り組みで、今年度は、「アルビレックスBBを通じて長岡を盛り上げる」をテーマに議論を重ねてきました。
ながおか若者会議のコーディネートや進行を当社でお手伝いしており、プレゼン大会はその集大成の場でした。

プレゼン大会では、とても魅力的な企画がたくさん出てきました。

1.アウェーチームの応援で長岡に来た人へのもてなしを強化する
2.ユーチューブを活用して、選手やチームの魅力を発信する
3.市内の小中学生を対象に、ユニフォームのデザインコンテストを開く
4.バスケットボールの動きや長岡の特色を反映したアルビレックスBB体操を考案し、普及させる
5.「スニーカーフェス」を企画し、スポーツ関連のイベントを行う

いかがでしょうか?詳細は割愛しますが、とてもワクワクする内容となりました。
(個人的には、アルビBB体操がイチオシでした!)
これから、これらの想いやアイデアをどう実現化するか、アルビレックスBBを運営する新潟プロバスケットボール様、ながおか・若者・しごと機構様、わかもの会議の参加者でタッグを組んで、取り組んでいきます。

地域活動でも、会社でも、「こうしたい!」「これやりたい!」という想いやアイデアは出ても、それをカタチにして実現化するとなると、トーンダウンしてしまい、実現にまで結びつけられないことが多々あります。

想いをカタチにするチカラで最も重要なことは、持続性のある取り組みにするための収支計画にあると考えます。
地域活動でも、経営でも、「ロマン」と「ソロバン」の両輪が必要だと日々痛感しています。
想いやアイデアは「ロマン」の部分、それをカタチにするのは「ソロバン」です。

たとえば、当社で運営する子育て家庭向けのイベント「トキっ子子育て応援フェア」。
次は、11月3日・4日にハイブ長岡で開催されますが、新潟会場合わせ12回目の開催となります。
このイベント、来場は無料で、多くの子育て家庭にとても喜んでいただいています。収入を補助金に頼るのではなく、出展者様から出展料をいただき運営を成り立たせています。
「新潟で一番笑顔を集めるイベントにしたい」という我々スタッフの想いをカタチにしているのは、しっかりとした収支計画であると確信しています。
ぜひ、想いをカタチにしていると自信を持ってお届けしているイベントにお越しください!
http://tokicco.net/p45825/

想いをカタチにするチカラ、「ロマン」と「ソロバン」の両輪を回せているか、すべての活動をチェックしていこうと思います。

グローカルマーケティング株式会社
代表取締役 今井進太郎

この記事の詳細を見る

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP