今井進太郎の商売繁盛コラム

「視座」が課題を解決する

2018.12.5

突然ですが、あなたの会社の課題は何ですか?

「売上UP」「営業力強化」「ネット活用」「生産性向上」「人財育成」「人財採用」…課題は尽きませんよね。

そもそも「課題」とは、「理想」と「現状」を埋めるための方向性のことです。
「理想」が高ければ高いほど、「課題」が出てきますので、課題があること自体は悪いことではありません。
何を隠そう当社も課題が山積です。

大切なのは、明確になった課題をどうやって解決するかです。

課題を解決するために、当社で一押ししているのが、「課題解決プロジェクト」です。
これは、明確になった課題を解決するために貴社内でプロジェクトチームを結成。
そのプロジェクトチームに当社のコンサルタントが入って、ワークショップを交えながら、一緒に課題解決に向けた具体策を立案するものです。
「営業力強化」「ネット活用」など、様々な課題を解決するプロジェクトをご用意しており、好評をいただいております。

プロジェクトチームには、人財育成の狙いもあり若手や役職者以外に入ってもらうことが多いですが、ワークショップでは最初は中々意見が出てきません。
「問題」は出せるですが、その「解決策」となると一気に静まり返ってしまいます。
それも無理もありません。
普段から問題、つまり愚痴は口にしていていも、解決策にまで思考を巡らせていないからです。

そんな時、私は「視座」についてお話します。
「視座」とは、「物事を認識する時の立場」のことです。
たとえば、役職をもたない社員と役職者では視座が違います。
社長と社員では、なおさらでしょう。
企業とお客様も同様です。

たとえば、社内の課題を解決するには、社員としての視座ではなく、経営者としての視座から考える必要があります。
経営者の視座から考える習慣をつけていくと、徐々に意見が出るようになっていきます。

売上UPに関する課題を解決するには、企業側の視座ではなく、お客様の視座から考えることが重要なのはご理解いただけるでしょう。

課題解決のためのプロジェクトチームは、視座を変えるトレーニングにもなり、人財育成にもつながります。
ぜひ、実践してみていただければと思います。

当社一押しの課題解決プロジェクトの詳細については、以下のサイトをご覧ください。

https://glocal-marketing.jp/marketing/issue/

グローカルマーケティング株式会社
代表取締役 今井進太郎

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP