今井進太郎の商売繁盛コラム

事業計画を立てる際にまずやるべきこと

2019.3.6

突然ですが、以下の質問の答えを考えてみてください。

あなたは地元でラーメン店をオープンしました。
オープンすると、その味が評判を呼び、瞬く間に繁盛店になりました。
連日行列ができる繁盛ぶりを見て、あなたの友人があなたにこう言います。
「これだけ繁盛しているのだから、もう1店舗、いやもう1店舗と言わず、多店舗展開を図ったらどうだ?」
この友人の意見にあなただったらどう答えるでしょうか?
また、どう答えるのが、正解でしょうか?

ある方はこう答えるかもしれません。
「いや、俺は手を広げない。自分の目の届く範囲で、自分の作ったラーメンを、目の前のお客様に喜んでいただきたい。」

ある方はこう答えるかもしれません。
「そうだね、俺は自分が生み出したラーメンを多くの人に食べてもらいたいから、多店舗展開をしようと思う。日本に、そして世界にラーメンを広げ、ラーメンを通じて多くの人を笑顔にしたい。」

さあ、どちらが正解でしょうか?

…両方とも正解ですよね。どちらも素晴らしいお考えだと思います。
どう考えるかは、「あなたがどうありたいか」次第。
その「ありたい姿」を実現することが幸せにつながるはずです。

4月からの新年度に向けて事業計画を立てられている方も多いかと思います。
事業計画を立てる際に、まずやるべきことは、上記のような「ありたい姿」=ビジョンを明確にすることです。
もちろん、「ありたい姿」は言ってしまえば綺麗ごとに聞こえるかもしれません。現状は、ありたい姿とのギャップがあるでしょう。
だからこそ、来年度でそのギャップをいかに埋めていくかを考えて、行動していくのです。

組織でやっている場合は、あなたの考える「ありたい姿」だけで物事を進める訳にはいきません。
みんなで「ありたい姿」を議論し、明確にしていく必要があります。

採用活動においても「ありたい姿」が大切です。
あなたが考える「ありたい姿」に共感し、一緒にそこを目指せる人と仕事がしたいですよね。

新年度を迎えるにあたり、今一度、「どうありたいか?」というビジョンを見つめ直していきたいですね。

グローカルマーケティング株式会社
代表取締役 今井進太郎

————————————————————————————
当社では現在、「セミナー研修」サービスと、「課題解決プロジェクト」を推進しています。
是非、当社サービス内容をご覧頂ければ幸いです。
————————————————————————————

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP