今井進太郎の商売繁盛コラム

自己超越欲求を刺激するスゴイ仕組み

2018.6.5

先日、母校である長岡高等学校の同窓会総会に参加してきました。
上は昭和16年卒の先輩から下は20代まで、総勢約900名がアオーレ長岡に集結しました。
当社社員も私含め7名で参加しました。

この同窓会、会の運営にあたる幹事は、41歳になる年の学年。
今年は平成8年卒の私のひとつ上の学年が幹事でした。
つまり、来年は私の代が幹事をやる形になります。

この同窓会の運営には面白い慣例があります。

それは、今年の終了後の片付けは来年の幹事学年が担当する慣例です。
大役を終えた当年幹事は片付けはせずにすぐ打ち上げに向かえるのです。

ということで、今年の後片付けは、来年幹事をやる私たちの代の仕事。
昨年の参加者は9名。
9名だけで片付けをしたら、日が変わってしまいます。
ですので、同期で声がけしあって、参加者を集めました。
結果、45名の同期の仲間が駆けつけてくれました。

これだけ集まってくれたのは様々要因がありますが、大きなものとして「片付けに協力して、同期を助けたい。同窓会の運営に協力したい」という「利他の心」ではないかと思います。

マズローの欲求5段階説をご存じの方は多いと思います。
これは、「人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が満たされると、より高次の階層の欲求を欲するとされる」とするものです。
もっとも低い階層の欲求は生理的欲求で、5段階目のピラミッドの頂点の欲求は、自己実現の欲求です。

実はマズローは晩年、5段階の欲求階層の上に、さらにもう一つの段階があると発表しました。
それは「自己超越」という段階。
見返りも求めずエゴもなく、自我を忘れてただ目的のみに没頭し、何かの課題や使命、職業や大切な仕事に貢献している状態だといいます。「隣人愛」や「利他の心」と近いものがあると思います。

他者への奉仕・献身などを通じて、自分自身を超えた存在を志向する欲求が自己超越欲求であり、これは人間にはもともと内在している欲求であると言われています。

よく仕事のやりがいを聞かれた人が「お客さまに喜んでもらえた時」「社会に貢献できたと感じる時」といった回答をするのは、きれいごとでも何でもなく、それが、自己超越欲求を満たすものであるからです。

まさに歴史の中で培われた慣習は、自己超越欲求を刺激するものでした。
ひょっとして、幹事学年が早く打ち上げにいきたいからという理由で始まった仕組みかもしれませんが、翌年に向けて来年の幹事団を集結させる素晴らしい仕組みだと思いました。
みんなの協力で、片付けは1時間半で終了。
そして、その後の同期会では本当においしいお酒をいただき、来年の幹事年に向けて一致団結できました。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP