今井進太郎の商売繁盛コラム

20,000人を集客した手法とは?

2017.8.2

7月8日、9日と当社で運営していますトキっ子くらぶの一大イベント『トキっ子子育て応援フェア』が新潟市産業振興センターにて開催されました。毎年長岡市で開催され大人気のイベントですが、新潟市では初開催となりました。ご来場いただいた方に笑顔になっていただく自信はありましたが、新潟市では初開催とあり、どれだけの方にお越しいただけるか正直不安がありました。

しかし、開場してビックリ!!8日(土)は7,996人、9日(日)は12,227人、2日間で2万人以上のご来場がありました。そして、みなさんに笑顔でお帰りいただき、大成功のイベントとなりました。

20,000人を集客できた要因として、トキっ子くらぶの媒体を活用したPRやチラシ配布が大きいですが、来場者数を更に伸ばせた要因として以下があげられます。

①マスコミで発信された
前日の7日にTeNY様の番組内にて会場の様子が放送されました。「わーくワークTOWN」(お仕事体験コーナー)がメインで取り上げられましたが、その効果があり8日(土)は会場前から大行列。開場すると多くの子ども達が「わーくワークTOWN」の各ブースに列を作りました。
当社ではプレスリリース作成を中心にマスコミに取り上げられるためのご支援をしていますが、改めてマスコミでの発信の力を感じました。

②SNSで発信された
会場内には、スマホでわが子を撮影する親御さんの姿が多く見られました。トキっ子子育て応援フェアは体験型のブースがたくさん用意されています。その体験の様子をご来場者がフェイスブック、インスタグラム、ツイッター等のSNSで発信をしていただきました。
「kid’s音楽会」「トキコレファッションショー」「わーくワークTOWN」「はじめてのおつかい」「トキリンピック」「なりきりフォトスタジオ」等など、たくさんの発信したくなるコンテンツを用意したことが成功要因だと思います。
9日(日)は、SNSに投稿された様子を見て来場された方で、8日以上の賑わいを創ることができました。

 

8月の定例講座は、『SNSを活用した売れる仕組みづくり』です。講師は私が務めさせていただきます。「発信される」ための手法についてもお伝えしますので、ぜひご参加ください。
http://www.niigata-marketing.com/regular/_1207.html

「発信する時代」から「発信される時代」へ。
マスコミやSNSでいかに発信されるかが重要であることを再認識したイベントでした。
ぜひ、「発信される」ことを意識して、様々な施策に取り組んでいただければと思います。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP