今井進太郎の商売繁盛コラム

【動画マーケティング】ユーチューブ活用で24時間しゃべり続ける営業マンを手に入れる

2021.1.13

ユーチューブ活用というと、「いやいやYouTuberになるつもりはないよ」という声が聞こえてきそうですが、このコラムでお伝えしたいことは、ユーチューブを活用してあなたのビジネスを加速させることができるというお話です。

 

コロナ禍において、当社でも「実践マーケティングチャンネル」というYouTubeチャンネルを立ち上げました。その一つのコンテンツが補助金情報の発信です。

2020年5月にスタートして開始4か月でチャンネル登録が1000件を超え、視聴回数は開始半年で10万回を突破しました。そして、YouTubeからのお問い合わせは100件以上に上りました。

実践してみて感じたのは、YouTubeをうまく活用すれば「24時間しゃべり続ける営業マン」を手に入れることができるということです。

このコラムでは、そのポイントを3つにまとめました。

YouTube活用①

【マーケ大】実践マーケティングチャンネル↓チャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCachS-POj04tpTeqFTbquKQ

 

 

YouTube活用のポイント:①顧客ニーズに合った価値を提供する

実践して体感したYouTube活用のポイントは、ズバリ「顧客ニーズに合った価値を提供する」というマーケティングの原点に立ち返ることです。

 

ターゲット:全国の中小企業・小規模事業者

ターゲットのニーズ:コロナ禍で活用できる補助金情報をわかりやすく知りたい

提供する価値:中小企業診断士が伝えるわかりやすい補助金情報(特に価値を提供できる小規模事業者持続化補助金の情報を提供)

 

① 誰に情報を伝えたいか?

② その人はどんな情報を求めているか?

③ あなたはその方にどんな価値ある情報を届けられるか?

 

上記をあなたのビジネスに置き換えて整理してみてください。

ついつい「どんな動画を作ろうか」から入ってしまいがちですが、まずは「誰がどんな情報を求めているか」から考えることが重要です。

 

YouTube活用のポイント:②「関連動画」での表示を目指す

以下はYouTubeチャンネルの管理画面です。視聴回数を伸ばすには、高評価ボタンや視聴時間(視聴維持率)などを高め、YouTube側からの動画の評価を高めていく必要があります。

YouTube活用②

以下は一番視聴回数が伸びた動画の分析画面です。視聴の半分は「関連動画」からきています。YouTubeはある動画を視聴し終えると、その動画に関連した動画が自動的に表示されます。これが「関連動画」です。例えば、小規模事業者持続化補助金の他の動画を視聴すると、次に私の動画が関連動画で表示されたりします。動画の評価が高まると、同じようなテーマで視聴された人気動画の次に、あなたの動画が出てきます。そうすると、視聴回数が伸びる→動画の評価が高まる→ますます関連動画として表示されるという好循環の流れに乗ることができます。

ここまでくると、24時間しゃべり続けてくれる状態になります。

YouTube活用③

評価の高い動画をつくるために、エンターテインメント性のある動画にしたり、奇をてらったりする必要はありません。それはYouTuberに任せましょう。

最近では、YouTubeでエンターテインメントを楽しむ以外にも専門的な情報を得ることに活用するケースが増えています。ポイント①でお伝えした「顧客ニーズに合った価値を提供する」を徹底すれば、おのずと評価は上がります。

 

その中でも、次の「EAT」を意識してみてください。

E:エキスパート(専門性)→当社の場合、経験値の高い補助金情報に絞ってお伝えした

A:オーソリティー(権威性)→今井の保有する「中小企業診断士」の資格を打ち出した

T:トラスト(信頼性)→表情や声のトーンなど誠実な姿勢を意識してお伝えした

お問い合わせいただいた方からは、「いろいろなYouTubeを見たけど、今井さんが一番信頼できそうだったから」とお声をいただくことが多々ありました。

 

YouTube活用のポイント:③「反応装置」を詳細欄に入れる

24時間しゃべり続けてくれても、それが成果につながらなければ、売上には結び付きません。売上につなげるためには、「反応装置」を用意する必要があります。例えば、物販であればネットショップへの誘導、BtoBであれば「問い合わせ」が主な反応装置になるでしょう。

 

以下は当社が用意した反応装置です。YouTubeの各動画には詳細説明を記載する欄が用意されています。そこには動画の概要や自社のPRに加え、反応装置を入れることが重要です。当社の場合、「無料相談」を反応装置に、HPの問い合わせフォームへのリンクや問い合わせ用フリーダイヤルの掲載を行いました。問い合わせしてもらいやすくするために、相談対応者のプロフィールページへのリンクも張り、安心感をもってもらうように工夫もしています。

YouTube活用④

 

① 顧客ニーズに合った価値を提供する

② 「関連動画」での表示を目指す

③ 「反応装置」を詳細欄に入れる

まだまだお伝えしたいことはたくさんありますが、まずは上記3つのポイントを実践してみてください。

当社では実践ノウハウを活かしたYouTube活用、動画活用のご支援を行っています。お気軽にご相談ください。反応装置として「無料相談」を実施しています!!

<相談対応者>
遠藤大志:(プロフィールはこちら
中西千亜紀:(プロフィールはこちら

>サービス一覧へ >無料相談はこちら 

電話から問い合わせる お気軽相談ダイヤル 0120-011-913


私がこの記事を書きました!

今井 進太郎

グローカルマーケティング株式会社
今井 進太郎(クリックでプロフィールへ)

 

PAGE TOP