マーケティングブログ

2018-02-21 どんどんアップデートするInstagramを使いこなそう!

この前Instagramを見ていたらいつのまにか「ハッシュタグ」をフォローできる機能が追加されておりました。
この機能をすでに活用されている方はいらっしゃいますか?
(ちなみに私のまわりでの普及率は10%ほどでした。)

今まで「ハッシュタグ」の活用方法はタグが検索されたときと、投稿につけたタグがタップされたときに、同じ特定のハッシュタグをつけている投稿が一覧で表示されるというものでしたが、今回のアップデートによりお気に入りのアカウントをフォローするように、お気に入りのハッシュタグをフォローすることができるようになりました。

私もいちいちハッシュタグを検索するのはめんどくさかったり、気に入ったハッシュタグの名前を忘れることが多かったので、ハッシュタグのフォロー機能は非常に重宝しそうです。

また自社ブランド名のハッシュタグをフォローしておけば、お客様があげてくださった投稿を簡単に確認できて情報収集にも便利ですし、ハッシュタグでの投稿は今まで以上にユーザーに見てもらえる機会が増えるなどビジネスアカウントでも活躍が期待できます。

どんどん進化するInstagramの機能をもう一つご紹介いたします。

2016年8月から追加された「ストーリーズ」です。
「ストーリーズ」は配信後24時間で削除されるため、リアルタイムで気軽に投稿できるコンテンツとして広まっています。
また通常の投稿がフィード(タイムライン)上に表示されるのと異なり、ストーリーズでの投稿はアプリのトップ画面上部に円形のアイコンとして表示されるため、目に留まりやすいというメリットもあります。

この「ストーリーズ」が非常に注目されており、新機能が続々アップデートしています。
例えば昨年の10月に追加されたのは「ストーリーズ」の投稿にアンケートをつけられるという機能です。
投稿の画面にかぶせて、2択で答えられる質問を載せることができ、投票結果はリアルタイムで表示されます。

また昨年末のアップデートでは「ハイライト」という機能が追加され、これまでにシェアしたストーリーズ投稿の中からお気に入りのものはそのままプロフィールに追加することができるようになりました。
プロフィールを見ると、「ストーリーズ」のハイライトが丸いアイコンとして並ぶので、非常に目を引きます。

このようにどんどんビジネス活用の幅が広がっている「ストーリーズ」ですが、探してみると県内の企業の方はまだまだ利用されているところが少ないようです。

Instagramの国内での月間アクティブユーザー数は2,000万人(2017年10月発表時点)を突破し、Facebookの月間アクティブユーザー数2,800万人(2017年9月発表時点)に迫りつつあります。
もうすでに活用している方も、まだ使っていないという方も、これらの新機能を活用して、こちらの機能をうまく使ってファンの方とどんどんコミュニケーションをとってみてください。

2月の新潟マーケティング大学基礎講座は『SNSを活用した売れる仕組みづくり』をテーマに行います。
本セミナーではSNSを活用して売れるしくみをどのように構築していくか、事例を交えてわかりやすく解説します。
Instagamの活用についてもご紹介いたしますので、始めてみたいという方はぜひご参加くださいませ。

<マーケ大基礎講座>
「SNS」を活用した売れる仕組みづくり
新潟・長岡会場:http://www.niigata-marketing.com/regular/_1220.html

グローカルマーケティング株式会社
クリエイティブセンター 大崎美和子

<プロフィール>
新潟県長岡市 出身。
県内のお店・企業様のホームページ制作のディレクションやWEBマーケティング施策のご提案・実施。

—————————————————————————
売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中
—————————————————————————

この記事の詳細を見る

2018-02-14 紙に書き出すと成功する!?不思議な潜在意識の話

思っていることを紙に書き出すと実現する。そんな話を聞いたことがありますか。

先日から、私の家族が言い出したことをきっかけに遊び感覚で自宅にボードを設置して、そこに「あったらいいな」という物や「行ってみたい」という場所を貼り出しています。
すると、不思議なことに、あったらいいなと書き出した物を「うちに余っているからプレゼントするよ!」と友人から譲ってもらったり、「今度の休日、○○に行かない?」と行ってみたいと書き出した場所に誘ってもらったりと、次々に叶っていきました!

紙に書いたものを引き寄せる不思議な力がある・・・のかどうかはわかりませんが、このように目に見える形にすることで、潜在意識の力をうまく使うことは脳科学でも検証されているのです。

願望を普段から目に見える場所に置いておくことで、潜在意識に浸透していき、それに関連することに目がとまりやすくなる効果があるそうです。
潜在意識にあるものが目にとまりやすくなることは、日常生活の中でも色々と経験することがあります。

例えば、子どもが産まれてから急にベビー・キッズ用品のお店が目にとまるようになったり、あるアーティストを好きになってから急にいつも行っているお店にポスターが貼ってあることに気が付いたり、東京駅で新潟に関連する広告があるとつい目に入ってしまったりした、という経験があるのではないでしょうか。

この潜在意識の力をビジネスで活用しない手はありませんよね!

当社では、会社や部門はもちろん、一人ひとりの目標を全て明文化したものをグローカルBOOKとして全社員が携帯するようにしています。

例えば昨年は、会社としてより広い地域の皆さまをご支援させて頂きたいと思い、それをグローカルBOOKに記したところ、多くの方々にご協力を頂いて福島県の郡山や群馬県の高崎に事務所を開設することが出来ました。
今年もBOOKに記した目標が達成されていくことが楽しみですし、そのために精一杯頑張ろうという気持ちがわいてきます。

皆さまの会社やデスクの上、常備品の中には、目標として掲げていることや、それを達成するための戦略・戦術が目に見えるところにあるでしょうか。
見渡してみて頂き、もし無ければそれを貼り出してみてはいかがでしょうか。

そして、もし自社の目標を達成するための戦略・戦術が曖昧で綿密に書き出すことができないという方がいらっしゃれば、是非それをじっくりと考える時間をとって頂きたいと思います。
人間は目に見えないことを形にすることは出来ないからです。

当社では自社の戦略・戦術を2日間かけてじっくり考え、個別コンサルティング付きで紙に落とし込むところまで行うセミナーを開催しています。
http://www.niigata-marketing.com/special.html

開催直前ですが、自社の戦略・戦術を明確に描きたいという方にとって必ずお役に立てる内容だと思っておりますので、是非ご参加頂ければと思います。

年度末で忙しい・・・、大雪で外出するのが億劫だ・・・、と思われる方も多いと思います。
しかし、VUCA(社会経済環境が予測困難であること)の時代と言われる今、会社としてどのような戦略・戦術をとっていくのか、それを明確に書き出して社内全員で共有・実践することが勝ち残っていくために必要なのではないかと思います。

2018年度を飛躍の年度にするための2日間、ご参加をお待ちしております。
http://www.niigata-marketing.com/special.html

グローカルマーケティング株式会社
マーケティング支援部 部長 遠藤頑太

<プロフィール>
新潟県長岡市出身。東京のコンサルティング会社で修業した後に新潟へUターン。
現在は営業・WEB・リサーチなど幅広い分野のご支援をするマーケティング支援部の部長として地域の企業・お店の売上アップ、人財育成を支援している。
特に、営業活動の仕組み化・WEBサイト集客・人事制度策定や思考力養成などの人財開発のコンサルティングを専門とする。

—————————————————————————
売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中
—————————————————————————

この記事の詳細を見る

2018-02-06 アメリカAmazonで感じた動画活用の話

先日、アメリカのAmazonで買い物をしようかと商品を見ていたら、日本のAmazonとのある違いに気がつきました。
それは、カスタマーレビューで動画の投稿が日本より多いことです。

日本のAmazonでもカスタマーレビューで動画が投稿できるのですが、これまで自分が見過ごしてきたのか、目にしたことはありませんでした。
ところがアメリカのAmazonでは、割と多くの商品のレビューで動画が投稿されているのです。

動画のレビューって必要なの?と思っていた自分ですが、気になる商品だったら、必ずと言っていいほど見てしまいます。

例えばペットの玩具であれば、自分の家の犬が遊んでいる動画や、玩具をあっという間に壊してしまった、という壊れたオモチャを飼い主がただ手に持って撮影しているだけのものもあります。
素人の撮影した何気ない動画に過ぎないのですが、リアルな情報として、意外と参考になるのでした。

「ECサイトで動画を活用すると売り上げが上がる!」という話を聞くようになって久しいですが、消費者視点で見ていると、商品ページで動画が使われているのをあまり見かけません。

売り上げが上がる、と言われている理由としては、画像よりも情報量が多いので、商品選びのより具体的な参考になることと、YouTubeを使用した場合は検索順位が上がるなどのSEO対策にも優位になることで知られています。

ぜひ動画で紹介していただきたいのは次の3つです。

・商品の組み立て方
・商品の使い方や使用風景
・商品の製造風景

手の込んだ編集はできなくても、まずは短い動画を撮影してみてください。
YouTubeにアップロードした動画なら、簡単に商品説明ページに埋め込みができることも多いので、ぜひ一度挑戦して見てはいかがでしょうか。

グローカルマーケティング株式会社
クリエイティブセンター 高橋 和夏

<プロフィール>
デザイナー兼ディレクター。京都府出身。
夫と息子と犬と暮らしています。
週末は家族と美味しいものを食べることが生きがいです。

—————————————————————————
売れる仕組みづくりを学ぼう!
▼新潟マーケティング大学 講座一覧はこちら
http://www.niigata-marketing.com/
売上アップセミナー定期開催中
—————————————————————————
この記事の詳細を見る

PAGE TOP