コラム

WEB広告を活用してリニューアルしたホームページやオンラインショップへの集客する方法

2021.01.20

(2024年1月5日更新)
こんにちは!WEBマーケティングコンサルタントの武田知浩です。

この記事では、最近、オンラインショップやホームページ、ランディングページ等を新規開設したりリニューアルされた方に向けて、集客施策についてわかりやすく解説いたします。

無事完成し、公開した後しっかりと集客の取り組みをしていますか?何もしなければせっかく苦労して作ったのに成果に結びつく可能性が低くなってしまいます。

・あれだけ制作業者さんと一緒に数か月かかって制作してもらったの、成果が出ていない気がする
・そもそもうちのサイトってちゃんと見られているのかな?
・どうやったらうちのサイトに人を呼んでくることができるの?

このような方に向けて解説していきますので、ぜひお読みいただき、実践してみてください。それでは行きます!

なお弊社では、「WEBマーケティング」について30分無料オンライン相談を承っています。ちょっとした事の確認・相談でも大丈夫ですので、こちらからお気軽にご相談ください。

ホームページやオンラインショップは完成してからが本当の勝負!

ホームページ、ランディングページ、オンラインショップを作るまで、かなり大変でしたよね?制作会社さんと打ち合わせを重ね、どういうものを作りたいか構想を練るところから始まり、写真やテキストといった素材集めに労力を費やし、確認に確認を重ねてようやく公開にこぎつけるので、相当な達成感もありますよね。

見た目、デザイン的にきれいで、希望していた動きが入っているのを確認し、感無量にもなりますよね。しかし、ここで燃え尽き症候群にならないでください!公開されてからが本当の勝負です!

一人でも多くの方に存在を知ってもらい、訪問してもらい、具体的な行動をとっていただいて初めて存在価値が生まれます。

帯を締め直し、完成したホームページ、ランディングページ、オンラインショップの価値を最大化させる取り組みを行いましょう!

関連記事: オンラインショップの運用改善に取り組む手順を解説

ホームページやオンラインショップへ集客する方法

それでは具体的に完成後に何をすればいいのでしょうか?存在を知ってもらう、そして訪問してもらう取り組みを思いつく限り行う必要があります。

完成して公開した後、何もしなければ訪問数は増えません。それではせっかく高い費用をかけて投資した効果を実感することはできません。ただし、訪問してもらうための集客施策を実施する前に必ず行って頂きたい環境整備があります。

「Googleアナリティクス」という無料のツールを使えるように制作会社さんに確認してください。
「Googleサーチコンソール」という無料のツールに登録してもらえないか確認してみてください。

最低限この2つの無料ツールを使えるようにして、サイト内部の状況を数字で確認できるようにしてください。(お願いの仕方が分からない場合などは、お気軽に弊社までご相談下さい。)

・「何人・何回」訪問されているのか
・「どこから」訪問してきているのか
・「どのページ」が閲覧されているのか
・「お問合せ、購入」などのコンバージョンの発生状況はどうなっているか

こうしたサイト内部の状況を数字で把握することが、サイトを成長させていくために絶対に必要です。
(今度改めて別の記事で解説したいと思います。)

ではここからサイト集客のために取り組んで頂きたいことを列挙していきます。出来ることから確実に実践してみてください。

①紙の販促物にQRコードを掲載して存在を知らせる

折込チラシ、ポスティングチラシ、フリーペーパー掲載、DMなどの紙の販促物を作る際には、必ずQRコードを作成して掲載するようにしてください。

「QRコード作成」と検索すると様々なサイトが出てきます。簡単にQRコードを作成することができます。紙の販促物でサイトの存在を知った後にすぐにホームページやオンラインショップへ行ってもらうことが大切です。

また、自社の名刺、封筒などの印刷物にも必ずQRコードを入れるようにしてください。

②メールマガジンで既存のお客様に知らせる

既存のお客様リストを保有している場合にはメールマガジンという形でホームページやオンラインショップの開設・リニューアルを必ずお知らせしてください。

③Googleマイビジネスの整備をする

Googleマップにオーナー登録をしていますでしょうか?

最近は経路案内だけではなく、お店や会社のことを調べるためにGoogleマップを活用するようになってきています。

Googleマップ上にホームページやオンラインショップのURLを登録することが出来るので、必ず設定しておきましょう。

④SNS上で発信する

Instagram、Twitter、Facebook、YouTube、LINE公式アカウントなどのSNSを運用されている場合には、ホームページやオンラインショップの開設・リニューアルを知らせる投稿を行ってください。

またプロフィールなどにURLを必ず記載して気付いてもらえるようにしましょう。

⑤WEB広告・SNS広告を実施する/ポータルサイトに掲載する

最後の2つは費用がかかる広告です。サイトを作ることにお金がかかったので、さらに広告を出すことには及び腰になるかもしれませんが、公開直後だからこそ、集客のための広告は必須だと考えます。

ホームページやオンラインショップはお問合せを獲得したり、購入してもらうことが大きな目的のはずです。目的達成のために正しい費用をかけることは事業戦略的にも必要なことです。

広告に頼らない集客手法を持っていればよいのですが、たいていの場合においては難しいです。せっかく作ったサイトを無駄にしないためにもWEB、SNS広告を検討してください。

WEB広告を活用してホームページやオンラインショップの集客を行う!

私がよくご支援させて頂く中小企業、小規模事業者様に限りますが、初めての広告を出す際には「リスティング広告」から検討を始めてください。WEB/SNS広告にも以下のような色々なものがあります。

・リスティング広告(Google、Yahoo!)
・リマーケティング広告(Google、Yahoo!)
・ディスプレイ広告(Google、Yahoo!)
・動画広告(YouTube)
・ショッピング広告(Google)
・SNS広告(Instagram、Facebook、Twitter、LINEなど)

このようなものがございますが、その中でもまずはリスティング広告から検討して頂くのが一番費用対効果が良いです

関連記事: WEB広告を活用してオンラインショップへの集客を加速させる方法

費用対効果の高いリスティング広告を活用し、顕在層へ確実にアプローチ

内容検索エンジンの検索結果に表示される広告。検索キーワードに対して広告が配信される。
メリットニーズ(需要)が顕在化しているユーザーに届きやすい。
デメリット同じキーワードに出稿する競合が多いと広告費が高くなる傾向にある。また、購買意欲が高いため、決断を後押しする着地ページ(ランディングページ)の質も重要。
配信場所Google、Yahoo!の検索結果画面を中心に表示される。
表示内容テキスト(見出し文、説明文、オプション表示)
課金形式クリック型課金(クリックされて初めて費用が発生する)

リスティング広告は、自ら検索行動をとるユーザーに対して広告を配信することができるので、成果(お問合せ、購入)までの距離が一番短いです。

ニーズを作り出す、ニーズに気付かせる類の広告は大量&繰り返し露出が必要なため費用も高騰するので小規模事業者様向きではありません。

1回クリックされるごとに費用が発生するため、比較的無駄な広告費を抑えることができます。扱う商材や広告を配信する時期、競合の存在などによってクリック単価費用は大きく変動しますが、数十円~数百円に収まることが多いです。(幅が広くて分かりづらいですね。)

ニーズが高まっている一人のユーザーをサイトに連れてくるのにかかる費用が数百円として、これを妥当とみるか、高いとみるかは会社様次第だとは思います。

営業利益ベースで数百円の儲けしか出ない低単価商材や、リピートが見込めない単発商材はリスティング広告には向かないのでお勧めしていません。高額商材や、リピートが見込める商材に特に適している広告と言えます。

リスティング広告の配信時には、画像や動画などのクリエティブを作成する必要がありません。そのため広告配信までのハードルは低いといえます。

リスティング広告の重要ポイント

ただし「配信キーワード選び」「クリックしたくなる広告文作成」には力を入れる必要があります。ユーザー心理を考え抜いた選定が大切で、ここが成否を分ける重要ポイントになります。

「自社商材を検討するユーザーはどんなキーワードを使って情報収集をしているか?」

「どんな広告文を作れば思わずクリックしたくなるか?」

ここに全精力をつぎ込んでいく必要があります。

リスティング広告に反応するユーザーは、購買意欲が高いため、クリック先のページ(ランディングページ)に魅力がないとすぐに離脱される恐れがあります。新しく作った、リニューアルしたばっかりのページであれば大丈夫だとは思いますが、ユーザー目線で今一度確認をしましょう。

リスティング広告は日々チューニングして最適化させることが必要!

最後になりますが、リスティング広告は出して終わり、出しっぱなしの広告ではありません。日々の結果確認とそれに基づく調整が成果を上げるために求められます

「反応の良いキーワードは何か」

「反応の良い広告文は何か?」

「成果に直結しない無駄なものはないか?」

こうした観点から定期的に見直しを行っていく必要がある非常に奥が深い広告でもあります。

「え~~そんなに難しいのなら素人には無理だよ!」

確かにそう思われる側面はありますが、一日1,000円、2,000円程度からでも始めることはできるので、まずは小さく始めて様子を見ていけば大きなリスクにはなりづらいでしょう。

Google広告
Yahoo!広告
まずは上記公式の説明サイトをご覧ください。

関連記事: WEB広告を活用してオンラインショップへの集客を加速させる方法

まとめ:リスティング広告などのWEB広告を上手に活用して集客を加速させましょう!

今回の記事では、完成したホームページ、ランディングページ、オンラインショップの価値を最大化させるために、

・とにかく知ってもらう、訪問してもらうためのありとあらゆることを実践する
・リスティング広告を活用して集客を加速させる

という2点を中心にお伝えしました。公開しても何もしなければ、ほとんど訪問してくれません。訪問がなければ成果にも繋がりにくいです。

せっかくお金と時間をかけて作ったホームページ、ランディングページ、オンラインショップを最大限活用するためにも、初期段階では広告という加速装置を使うこともぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

なお弊社では、「WEBマーケティング」について30分無料オンライン相談を承っています。ちょっとした事の確認・相談でも大丈夫ですので、こちらからお気軽にご相談ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

私が担当しました!
武田 知浩

コンサルティング部 シニアコンサルタント

貴社の「デジタルシフト」のパートナーとなります! 私は中小企業・小規模事業者様のデジタル活用を推進し、効率化と成長をサポートします。デジタルツールや技術を駆使して、これまで実現できなかったことを可能に…

SNSで情報発信中